宙玉でイルミネーションを撮ってみる

この記事を読むのに必要な時間は推定で最大約2分3秒です。

最近あまり宙玉を使っていないな~って思い、近所のイルミネーションを宙玉で撮ってみることにしました。イルミネーションを宙玉にしてみたことがなかったというのもあったので。

ISO感度400, f/8.0, シャッタースピード1/40秒。

※今回の撮影機材はSonyのα7S+SEL35F14Z+soratama72+接写リング26mm(10+16)です。

至近距離から撮るイルミネーションならば手ぶれ補正機能はいらないかなと判断し、単焦点レンズのSEL35F14Zを選択。このSEL35F14Zだと、接写リング宙玉Extension 20+20mmでピントが合うので、何も考えずにこの組み合わせにしてしまいました。

イルミネーションを宙玉にしてみたことがなかったというのもあってトライしてみたわけですね。それにしても、宙玉にするのは、思っていたよりもいい感じの写真となるかなという印象。ついでなので、soratama72を取り外した状態で接写してみた写真も3枚。うーん、1cmぐらいまで寄っての撮影はやはり難しいなぁ……。でも外で接写リングを一部取り外して調整するのは避けたいしね。


接写リング宙玉Extensionでの調節が面倒くさいので、スマートフォン用のクリップ式の宙玉レンズを使ったほうが楽なように思えてきた。まあ、自分がsoratama72を買ったときにはスマートフォン用のは発売されていなかったんだけど💦

宙玉 soratama 72 GIZMON x ZENJIX soratama SP〔スマートフォン用レンズ〕 KOTA 宙に浮く球体型 ブルートゥース スピーカー ワイヤレスBluetooth4.0 NFC対応

コメントを残す