WebPとAVIFを変換する

この記事を読むのに必要な時間は推定で最大約9分36秒で、速読ですとその半分ぐらいです。

※2022年8月においての情報であることに留意してください。

汎用性のある画像形式に変換したい

いくら圧縮効率が高くてファイルサイズが小さくなっても、編集しにくいと困ってしまいます。最終出力としてのWebPやAVIF採用ならば悪くはないのですが、編集が必要なデータを汎用的ではないデータ形式で送られると戸惑わされることがあるわけです……。

WebPの対応状況

Googleが2010年9月30日に提唱したWebP形式の画像データーは、すでに主要ブラウザでは対応が完了済みなので、Webサイトで使用するぶんには特に問題はありません。JPEG形式と比べてほぼ画質に差を感じないレベルで、25~50%ほどファイルサイズが小さくなることが多いので、データ転送量を減らしたいのならば使わない手はありません。

ところが、Adobe製品は対応に消極的で、2021年秋に発売された『Photoshop Elements 2022』でも未対応で、サブスクリプションモデルの『Photoshop CC』では23.1(2022年2月)からようやく対応したという状態。まあ、今後はElementsでもサポートしてくれるんでしょうけれど。一応、AdobeではないWebサイトからプラグインをダウンロードして手動インストールすれば、『Photoshop CS6』でも『Photoshop Elements 2022』でも使うことができましたので、自分はPhotoshopでWebPを使っていましたが。

なお、Adobeのサポート情報に参考情報があります。11年以上遅れでの対応はいくらなんでも……💦

AVIFの対応状況

AVIF(AV1 Image File Format)は、2019年2月19日に規格が策定された新しい画像形式。WebPへの対応に消極的だったAdobeは当然未対応なので、AVIFで画像を渡されると初見殺し状態になるんじゃないかと思ったり。JPEG形式と比べてほぼ画質に差を感じないレベルで、データサイズが⅓ぐらいになるのが魅力。でも対応アプリがまだ多くないのと、ブラウザでの対応状況的にもまだ普通に使うには早いという感じなので、この形式で渡された場合には要変換といったところでしょうか。

AVIFはWindowsだとオプションでOSでの表示には対応している

Windows10とWindows11ならば、Microsoft Storeから「 AV1 Video Extension」をインストールすることでAVIFの画像に対応できるようになります。現在のところは無料ですが、将来的にどうなるかは不明といった感じです。

変換で一番楽だと感じたのは「XnConvert」

さまざまな画像形式を相互に変換できる無料のアプリを試した感じ、「 XnConvert」がお手軽でよさそうでした。なので、今はこれを常用しています。

変換したいファイル・フォルダーはアプリにD&Dドロップ

XnConvert」を起動したら、変換したいファイルや変換したいファイルの入っているフォルダーをD&Dドロップすることで変換対象を指定します。アイコンをクリックしてファイルとフォルダを指定していくより手っ取り早いので、これ以外の選択肢を選ぶ人がいるとは思えない💦

出力設定の注意点

出力先のフォルダーは、自分は元ファイルと同じフォルダーにしています。同一形式への変換というようなことはしないはずなので。ファイル名の設定は、デフォルトだと[Filename With Ext]になっていることに要注意。拡張子を含む元ファイル名+変換先の拡張子(Sample.avif.pngなど)になってしまうので、元のファイルの拡張子がついてほしくなければ空白にしておきましょう。

「元画像を削除」の設定は、チェックをつけておくと削除するごとにアプリのアクティブがなぜか切り替わるため、一部のアプリに影響を及ぼすことがあるので変換中に別作業をするつもりであれば要注意だといえます。変換終了時に変換処理に成功した画像の元ファイルを削除するか問い合わせてくれればいいのに……。

対応画像形式が豊富

これまでに1度も使ったこともないよっていうようなものがいっぱい。このアプリひとつインストールしておけば、たいていは困ることはないんじゃないかと思います。

  1. 921 – TIBitmap
  2. AVIF – AVIF
  3. BMP – Windows Bitmap
  4. BMP – Windows Bitmap RGB565
  5. CIN – Kodak Cineon
  6. CSV – CSV
  7. DCX – Zsoft Multi-page Paintbrush
  8. DDS – Direct Draw Surface
  9. DIS – DKB Ray-Tracer
  10. DPX – DPX
  11. EMF – Windows Enhanced Metafile
  12. FLIF -FLIF
  13. FTS – Flexible Image Transport System
  14. GBR – Gimp Brush
  15. GIF – CompuServe GIF
  16. GRO – HP-48/49 GROB
  17. HDR – ArcInfo Binary
  18. HEIC – HEIF
  19. HRU – HRU
  20. ICO – Windows Icon
  21. IFF – Amiga IFF
  22. IFF – Explore(TDI)&Maya
  23. IMG – Vivid Ray-Tracer
  24. JIF – Jeff’s Image Format
  25. JP2 – JPEG-2000 Format
  26. JPG – JPEG / JFIF
  27. JXL – JPEG XL
  28. JXR – JPEG XR
  29. KRO – Kolor Raw Format
  30. MBM – Psion Service 5 Bitmap
  31. MIF – Image Magick file
  32. MTV – MTV Ray-Tracer
  33. NGG – Nokia Group Graphics
  34. NLM – Nokia Logo File
  35. NOL – Nokia Operator Logo
  36. OTB – Nokia OTA bitmap
  37. PAT – Gimp Pattern
  38. PBM – Portable Bitmap
  39. PCL – Page Control Language
  40. PCX – Zsoft Publisher’s Paintbrush
  41. PDB – Palm Pilot
  42. PDF – Portable Document Format
  43. PGM – Portable Greyscale
  44. PI1 – Degas & Degas Elite
  45. PIC – Rayshade
  46. PIC – Bio-Rad confocal
  47. PIC – Softimage
  48. PIC – Psion Series 3 Bitmap
  49. PIX – Alias Image File
  50. PIX – PABX background
  51. PNG – Portable Network Graphics
  52. PNM – Portable Image
  53. PPM – Portable Pixmap
  54. PRC – Picture Gear Pocket
  55. PS – Postscript
  56. PSD – Adobe Photoshop
  57. QRT – Qrt Ray-Tracer
  58. RAD – Radiance
  59. RAW – Raw
  60. RAWRAW – Raw
  61. RGB – Silicon Graphics RGB
  62. RLA – Wavefront Raser File
  63. SCT – SciTex Continuous Tone
  64. TGA – Truevision Targa
  65. TIF – TIFF Revision 6
  66. VST – Vista
  67. WEBP – Wireless Bitmap(level 0)
  68. WEBP – WebP
  69. WRL – VRML2
  70. XBM – X11 Bitmap
  71. XBM – X11 Pixmap
  72. YUV – YUV 16Bits
  73. YUV – YUV 16Bits Interleaved

しかしなぜかDNG形式の画像には対応していない……。

コメントを残す