モバイルにピッタリなUSB PD対応USBケーブルを調達

この記事を読むのに必要な時間は推定で最大約5分33秒で、速読ですとその半分ぐらいです。

USB Type-CとLightning両対応のUSB PD対応ケーブル

すべてのモバイル端末がUSB Type-Cになってくれれば、両端がUSB-CのPD対応ケーブル1本を持ち運べば済むことなのですが、AppleのLightning端子になっている端末を使っている場合には、Type-CとLightningのケーブルを持ち運ばねばなりません。外出時にはできるだけ持ち運ぶ荷物は減らしたいわけで、ケーブルを1本で済ませられれば便利ですよね。そのようなケーブル「HR-20CAB01」が存在しています。

Amazonでは見つけられなかった💦

「HR-20CAB01」はBaseus社の製品なのですが、同社のUSBケーブルはAmazonにも扱いがあるものの、目的のこの製品だけは購入検討時に見つかりませんでした。うーむ、目的のじゃない製品はいろいろあるんですけどねぇ。記事作成時でも見当たりませんが、今後取り扱いが始まる可能性は0じゃないかも。でも今さらだからAmazonも製品追加はしないか💦

購入前に比較した製品

USB Type-Cからケーブルが途中でUSB-CとLightningに二股分岐する同Baseus社の「CA1T2-F01」と悩んだのですが、その時にはタイミングが悪くてAmazonで在庫切れとなっていたので選択肢から強制的に外れてしまいました。

USBケーブルの用途が外出時のみに使用という前提なので、優先すべきは持ち運びのしやすさ。以下の3点を考慮しての判断です。運用方法は人それぞれ異なりますから、異論がある人もいることでしょう。二股ケーブルのほうは2台同時充電もできますから。

  • 「HR-20CAB01」よりケーブルが20㌢長い かさばる
  • 二股ケーブルは絡み合いそうだしかさばりそう
  • 60Wで十分 手持ちのモバイルバッテリーが100Wに対応していない

数日(家で)使ってみての製品の使用感

PD対応のUSB-AC充電器(最大100W給電)で試した結果、バッテリー情報のグラフを見る限りLightning変換でちゃんとiPad mini 5に18Wで充電ができているようです。USB-CのほうはiPad Proに32~40Wで充電できているので自分的には問題なし。

これで次回から出かけるときにたいていはケーブル1本で済むわけで、ほんのわずかですが楽になります。外出時専用の用途だから、ケーブルの長さはもっと短いほうがよかったかなぁ?

自分が外出時に使う可能性が少しでもある機材は以下のような感じですからねぇ。ケーブルをまとめないと持ち運ぶの面倒なのです💦

  • USB-C
    • iPad Pro 5(12.9㌅)
    • Google スマートフォン Pixel 4 XL
    • Sony ワイヤレスヘッドホン WH-XB900N
    • Lenovo IdeaPad Duet Chromebook
  • Lightning
    • iPhone XS Max
    • iPhone SE2
    • iPad mini 5
  • microUSB
    • 手持ちのデジカメ各種💦
    • スマートフォン用スタビライザーと付属のBluetoothシャッターリモコン

手持ちのデジカメはすべてmicroUSBなので、デジカメを途中充電が必要なほど撮影に使う可能性がある場合にはUSB-A microUSBのケーブルも必要になるんですよね。USB-Cのデジカメを買えというのはなしで💦

製品写真

製品仕様

  • USB-C USB-C(必要なら追加で Lightning)
  • USB-Cでは最大60W(20V/3A)、Lightningでは最大18W(9V/2A)でのUSB PD充電が可能
  • データ通信対応(USB 2.0 480Mbps)
  • ケーブルの長さは1㍍
  • 断線しにくいケーブル

コメントを残す