日: 2014年3月5日

Windows, ガジェット
さようなら、1TBのデータ

データ専用にしている1TBのHDDがあったのですが、今日突然ドライブにアクセス不能となってデータが失われました。アクセスしようとした時の音がおかしいんで、物理的に死んだというところでしょうか。まあ、5年前のHDDだから仕方がないかな。重要なデータは物理的に別のHDDに複数保存するようにしているし、壊れたHDDには重要なデータは入れていなかったので、たいした被害はないんですけど。

壊れたドライブを見てみると、SeagateのBarracuda 7200.11でした。アクセス不能になるファームウェアにバグありのロットが大量に出回ったあの悪名高い型番ですね(笑)。うちのは修正済みのロットだったんで、今回は単に寿命が来たのだと思われます。

Xperia
Xperia Z(SO-02E)のバックアップに2時間……

これまでモバイルルーター代わりにテザリングで接続を提供する端末として使っていたXperia Z(SO-02E)のバックアップを取ってみました。Windows7のPCとUSBで接続し、PC Companionで全データのバックアップを実行です。なぜかUSBケーブルを挿したら、最初なぜかXperia Z1(C6903)として認識され、数秒後にXperia Z(SO-02E)と正しく認識されるという謎な現象を見られましたけど。

バックアップウィザードのデータ選択では初期状態のままでバックアップしたいものが選択済みなのでそのままバックアップを開始しました。作成フェイズはただひたすら待つのみ……。

 

……

…………

………………

おかしい、遅いよ!

昔Xperia acro HDとXperia GXでバックアップを取った時はすぐに終わったんだけどなぁ。

………………

…………

……

作業をしながら1時間ほど放置していたら、ようやく作成フェイズが終わりました。これは同じように時間がかかるケースに遭遇した人は、フリーズしたと思ってしまうんじゃないのかな?

画面を取り忘れたけど、バックアップデータを保存するPCのフォルダを指定したらバックアップフェイズとなります。ちなみに初期状態だと、ドキュメントフォルダ内の「\Sony\Sony PC Companion\携帯電話のバックアップファイル」フォルダです。

しかしここからもまた長くてフリーズしたのかと思わされました。30分以上経過してから見てみると、バーは伸びていましたが気が遠くなるような残り時間が表示されていてショック。でも、最終的にはこのバックアップフェイズも1時間ほどで無事完了しました。

  

 

これで何かあった時には今朝の状態にまで戻せるようになりました。おそらく復元することはないと思いますが念のためのバックアップです。

モバイルルーターのAterm MR03LNを購入して役割を終えるわけで、Xperia Z(SO-02E)は近々弟へ貸し出すことになります。IIJmioの格安SIM(月額で税別900円のプラン)を入れてデータ端末として使うそうな。

投資・金融
なんで日本通信は上がっているんだろう?

自分は売買するつもりはないんだけど、値上り率上位銘柄のランキングを見ていたら<9424>日本通信が結構上がっていました。

 

 

MarketSpeedのニュース検索をチェックしてみても特に何もありません。ニュースサイトを調べてみても新しい情報はないし……。

安全性重視で投資している自分は通信セクターは継続チェックしているから気になるんですよね。携帯大手3社は年間1兆円もばらまいて顧客獲得競争をしているから、そんなところは投資対象にはしたくないんで、ほかでいいところがないかを探しているという状態だったりします。