楽天でんきの特大改悪が来た

この記事を読むのに必要な時間は推定で最大約4分35秒で、速読ですとその半分ぐらいです。

契約の一方的な変更通知

「楽天でんき」は市場連動制の料金プラン(市場価格調整単価)じゃないから選んで契約していたんだけど、2022年9月20日に突然市場連動制に変更するからという通知が届きました。いや、それは酷いだろう。だって1年契約の縛りがあるんだからさ、その契約途中で勝手に値上げってのは許しがたい行為。契約更新のタイミングにしろよとしか思えない。来年の何月までの縛りがあるんだったかな……。

契約しなくてよかったと思った楽天モバイルも一方的に契約内容を変えていたっぽかったから、これはやはりクソ企業体質だな。2022年9月21日は当日で楽天は証券会社などに株を空売りされたトップで笑えましたが。まあ、信用をどんどん失っていけばいいんじゃないのかな。

通知内容はこちらです

「安心してご利用いただけるよう」なんて記述があるけど、もうすでに信用を失ったんだよ(笑)。儲かるときは儲けておいて、損失が発生したら値上げって。そのリスクはサービス提供前に検討しておくべきことであって、それでも提供を始めたのならば、せめて契約期間内は前提条件が完全に異なるような料金変更なんかするなよ……クソが💢

2022年9月20日
楽天エナジー株式会社


平素より、「楽天でんき」をご利用いただき、誠にありがとうございます。
楽天エナジー株式会社(以下「楽天エナジー」)は、この度、「楽天でんき」の燃料費調整単価を、燃料価格に連動した単価から、日本卸電力取引所(以下「JEPX」)の電力取引価格に連動した単価(以下「市場価格調整単価」)に、2022年11月1日(火)より変更いたしますので、お知らせいたします。

ロシアによるウクライナ侵攻等の影響および為替市場における円安の進行を受け、現在も燃料価格およびJEPXの電力取引価格が高騰しており、この電力仕入れ価格の傾向は今後も続くと見込まれています。
このような状況において、楽天エナジーは、2022年6月に楽天でんきの料金改定を実施したうえで、独自の電力調達により仕入れ価格を抑えることで現電気料金の維持を試みましたが、全国的な電力不足と継続的な電力取引価格の高騰により、現電気料金の維持が極めて困難な状況に至りました。
本改定により、電力取引価格が高い時期にはご請求金額が高くなる一方、電力取引価格の安い時期にはご請求金額が安くなります。
なお、基本料金0円、「楽天ポイント」のポイント還元率の変更はございません。

※改定後の電気料金について、詳しくは こちらの地域・使用量別の料金比較をご確認ください。
※2023年1月ご請求(2022年12月ご利用分)より、本改定が適用されます。

楽天エナジーでは、お客様に安心して「楽天でんき」をご利用いただけるよう、料金変動が少ない新メニューや、 再生可能エネルギーの新メニューも企画しております。
引き続き、サービス品質向上とコスト削減に努めてまいりますので、何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

以下内容にて、ホームページにて詳しくご説明しておりますので、必ずご確認いただきますようお願いいたします。
こちらのホームページよりご確認ください。

参考にならないと思う料金シミュレーション

エネルギー価格の高騰がどこまで行くのか不明だというのに、過去1年の電力使用量から新料金の予想を出されてもまったく信用できないんですけど。LEDシーリングライトすら使っていなくて、これ以上節電は無理ってなレベルまでの節電をしているからねぇ。

まあ、楽天は不誠実企業と思っているので、そもそもこんなに甘くないだろうってシミュレーション結果を信じていませんが。しかし、甘いと考えている見積りでも2000円以上も電気料金が高くなる予測なのか。これは電気代で詰んだな💦

節電しまくりなのに2000円アップは無能者たちのせいでは?

普段から節電をしまくっているのになんでそんなに高額になるのかねぇ……って、政府と日銀がバカのひとつ覚えで円安誘導しかしないからだよなぁ。すべてが高くなって国民生活を圧迫しかしていない。ゼークトの組織論でいうところの「無能な働き者」は敵よりも怖い。ちなみに2022年は、8月までの消費電力は以下の通り。もうこれ以上削るのは難しい。

そういえば、たまたま見た四国電力があまりにも収益が厳しくて無配となって株価がだいぶ落ちていたなぁ💦

コメントを残す