TMPGEnc MPEG Smart Renderer 6.0.6.7

普段は常時起動して最小化している『TMPGEnc MPEG Smart Renderer』ですが、動画のカット編集作業後にうっかり終了してしまったんですよね。再起動をしたところ、アップデートの通知が来ていました。それならばアップデートをしておくべきだなと、さっそく更新しておきました。ダウンロードをしたのは公開された日でしたが、その日は使う予定がなかったからアップデートを実行したのは翌日だったんですけどね💦

Ver.6.0.6.7

今回のアップデートでは自分に必要な機能追加はないなという感じ。少なくとも今のところはですが。不具合修正のフレームレート情報もカット編集をするだけなので、普段あまりチェックしていなかったりする。

  • 機能更新
    • MPEG-1/2 Video ストリーム入力時のクリップ情報パネルに [最大ビットレート解析] 機能を追加しました。ファイルのヘッダに記載されているビットレート値と映像ストリームの実際のビットレートが異なる場合などに使用します。解析を行うことにより、実際の映像の最大ビットレートで上書きすることができます。
    • ※ 最大ビットレートを変更した場合、出力結果に悪影響を与える可能性があります。出力映像に問題が無い場合、初期値設定でのご利用を推奨します。
  • 不具合修正
    • 一部のファイルでフレームレート情報が表示されない場合がある問題を修正しました。
  • その他
    • その他、細かい修正を行ないました。

そういえば、前処理として『TMPGEnc MPEG Smart Renderer 6』でカット編集をしたmkvファイルを別の動画編集アプリで開くと、稀にエラーで編集できないってことがあったんだけど、改善されたのかなぁ。まあ、MPEG-2からMPEG-4に変換しちゃうんで、『TMPGEnc Video Mastering Works 7』を使って対処していたけれど。『TMPGEnc Video Mastering Works 7』はカット編集処理が重いから、先に『TMPGEnc MPEG Smart Renderer 6』でカット編集をしたいんだよねぇ💦

コメントを残す