Windows10での青窓2回目

この記事を読むのに必要な時間は推定で最大約1分48秒で、速読ですとその半分ぐらいです。

ちょっと離席して戻ったら、Windows10の青窓画面を目撃することとなりました。これはつらいなぁ~。原因はまったく不明で、いきなり青窓(BSoD)になっていたという。mp4変換があと5分ぐらいで完了ってところでこの仕打ちはかなりツラいです、はい。

ここ1年ぐらいは追加インストールしたアプリはないんで(スマートフォン利用率が向上してPCにはインストールしていない)、変化したのは8月のWindows10のAnniversary Updateぐらいでしょうかね。これを適用する前は安定していたので、原因は間違いなくこれだよなぁ……って思うわけであります。Windowsのクソ化が進んでいる。個人的にはWindowsは2000が一番よかったな……(回顧)。サクサクと動いて動作が軽くて安定したOSはWindows2000が最後の体験だった気がする。

今回の問題はAnniversary Updateをするまでは青窓(BSoD)を見ることがなかったんで、原因は明らかじゃないかという気はするんだけど、困ったなぁ。Windows10で行くならばアップデートのたびにこういう不具合に遭遇することになりそうだし、かといってUpdateしないとセキュリティ的に困るわけだし、どうしたものかな……。もうシステムパーティションをバックアップしてある環境からWindows7に戻すには時が流れすぎてしまっているから戻すのもためらうし。つらい状況。

個人的には同一フォルダーに写真を5000枚とか入れておくと、そのフォルダを開いたときにExplorerが数分の応答なしになることがあるのがWindows10で一番ストレスがたまるんですけどね💦

 

コメントを残す