LostTechnology Blog

気になる製品やニュースと株式投資などをなんとなく書き綴ります。でも戯言や写真が多くなりそう。旅行先を検討中の方は写真が参考になれば幸いです。なお、当然ながら文章および写真の無断転載はお断りしています。使いたい場合には事前にContactからご相談ください。掲載している写真はサーバーのファイル容量節約のために長辺1920pixel以下に抑えています。【申し訳ありませんが、使用しているテーマの不具合でコメントはスマートフォンからしかできなくなっているようです】

しばらくZenFone3 Ultraを片手モードで運用してみる

[記事公開日]time 2016/10/25
[最終更新日]time 2016/10/27

ZenFone3 Ultraの設定内ZenMotionにある片手モードを有効にして、ホームキー2度押しで片手モードにできる状態で片手モードでの運用をしてみることにしました。

6.8インチの端末で片手モードの常用は何かが違うように思っていましたが……。考え方を変えて、片手モードで表示されるデフォルトでは小さい画面を最大まで引き延ばして使うのであれば、画面表示エリアが多少狭くなってしまうけど、戻るもホームもマルチタスクもソフトキーで使えるから試してみているというわけです。

片手モードでの運用をしてから3日が経過。タッチパネルのソフトキーの反応は素早くていいなぁ……って思っているところ。物理的に用意されている端末下部の仮想キーだと、ホームを押し込むのが手間に感じることがあるし、戻るやマルチタスクは反応がソフトキーのほうが多少素早いというメリットを実感している状態。内部処理でもたついているのならば、今後のアップデートで反応が遅くなることがある状態は解消されるのかな?

まあ、今困っているQuick Charge3.0がダメになっるアップデート以降は、システムアップデートが怖いんですけれど……。もうしばらくは基本的に片手モードのまま使ってみるか。

【追記】 狭額縁デザインの端末だと持っている指にタッチパネルが希に誤反応することがありますが、左右中央に片手モードの画面を配置すると左右に少し空きスペースができるから、誤反応がなくなるのも最大化で使う片手モードのメリットかなと感じます。

sponsored link

コメントを残す

投稿の月別アーカイブ



sponsored link

カテゴリー