栃木県の川俣ダム

この記事を読むのに必要な時間は推定で最大約1分23秒で、速読ですとその半分ぐらいです。

16日のダム巡りで遅い時間に到着した川俣ダム。ここは堤高117mのアーチ式コンクリートダムで、下流のほうに吊り橋があります。峡谷という感じで絶景ですね。到着したのが15:20頃で、吊り橋へ行ける遊歩道の奥へは15:30までだったため間に合わず。吊り橋から堤体を見たかったんだけどなぁ……。

※撮影はすべてSony MobileのXperia Z1(C6903)で行なっています。

川俣ダム

川俣ダムの管理所は、瀬戸合峡遊歩道を歩いて行かなければなりません。行きは下りで楽なのですが、帰りは上り坂になるので大変。吊り橋への遊歩道は401段もあるようで……。

2014-07-16_15.22.06_Sony_C6903_ISO64 2014-07-16_15.25.25_Sony_C6903_ISO50 2014-07-16_15.25.29_Sony_C6903_ISO50 2014-07-16_15.26.06_Sony_C6903_ISO50 2014-07-16_15.26.42_Sony_C6903_ISO80 2014-07-16_15.28.07_Sony_C6903_ISO50 2014-07-16_15.28.42_Sony_C6903_ISO50 2014-07-16_15.31.50_Sony_C6903_ISO50

ダムカードをもらったら天端から下流を眺めます。「瀬戸合峡渡らっしゃい吊橋」に気を取られていましたが、放流中でした。動画も2本撮影してあります。2本目の動画で吊り橋の迫力が確認できるんじゃないかなぁ?

川俣ダム下流方向

雨が降り始めて大降りになりそうな感じだったため、急いで撤収を開始。吊り橋と展望台が気になるので、将来的にまた来てみたい気がする。

2014-07-16_15.32.46_Sony_C6903_ISO80 2014-07-16_15.33.51_Sony_C6903_ISO64 2014-07-16_15.34.03_Sony_C6903_ISO50 2014-07-16_15.36.21_Sony_C6903_ISO50

しかし、川俣ダムのダムカードは普通の横と異なり、縦でデザインされていますね。むむむ、これはカード入れでこれだけ別方向を向いちゃうではないか……。

コメントを残す