Windows 11の更新KB5008353を適用

この記事を読むのに必要な時間は推定で最大約1分47秒で、速読ですとその半分ぐらいです。

修正内容に該当していなければ急いで適用する必要がないパッチKB5008353が配信されました。

  • ハードウェアアクセラレーションされたBluetoothオーディオをサポートする一部のデバイスで、オーディオサービスが応答しなくなる問題に対処
  • アプリが実行されていないにもかかわらず、タスクバーのアイコンがアクティブ表示される問題を解決
  • タスクバーの音量アイコンが誤ってミュートと表示される問題に対処
  • 複数のディスプレイに接続されている場合に、デバイスが動作しなくなる問題に対処
  • セカンダリディスプレイのタスクバーにアイコンが表示されない場合がある問題に対処
  • サポートされているすべてのシステムにおいて輝度の自動調整を改善し、低照度下での応答性を向上

あぁ、2つ該当しているから、検証を済ませてからの正式なパッチが来る前に、このオプションパッチを当てておいたほうがいいなってことでパッチを適用。

適用後は今のところ、うちの環境で起こっていた不具合2点は直っているようです。完治したかはもっと検証期間を長く取らないとわかりませんけれど💦

それにしても、Windows 11って本当に正式版なのかよってぐらいにバグが多くてクォリティが低い心が折れそうになるOSだなぁ💦

やはりアップグレード後の試用期間のうちに、Windows 10に戻す選択肢を選ぶほうが正解だったようだ……。今さらそう思ったところで手遅れなんだけどね。

コメントを残す