SonyのImage Data Converterがアップデートされていた

この記事を読むのに必要な時間は推定で最大約1分32秒で、速読ですとその半分ぐらいです。

Sonyのデジカメで撮影したRAWデータを現像するソフト「Image Data Converter」が2016/12/19にアップデートされました。これまでのバージョンを使った感じ、使いにくいなぁ~って思っていた自分は、RAW現像をいつもPhotoshopで行なうので、何が変わったのかなというぐらいしかチェックしていなかったりする……💦

アップデートの内容を確認してみたところ、微妙だなって戸惑わされたり。

  • Sonyのデジカメを管理するアプリ「PlayMemories Home」でRAW現像に使うアプリとして「Image Data Converter」を登録できるようになった icon-arrow-left 今までできなかったのかよって更新内容に驚き💦
  • 動作パフォーマンスと安定性を向上
  • 現像画質を向上(  以前のバージョンより改善された画像処理が使われるようになったのだろうからある意味順当のこと)
  • キーボードのショートカット入力に対応
  • XMP情報の書き出しに対応

改善が進んでいっているっぽいから、機能面で改良が進むのは歓迎すべきことであります。でも、以前と変わらないユーザーインターフェイスがネックになっていて、機能はあっても使いた人が目的の機能までたどり着けるのか微妙そうに感じそうなのが残念なり。

自分は今後もPhotoshopでRAW現像だな~って感じたです、はい。

コメントを残す