栃木県で見た電車とか堰

この記事を読むのに必要な時間は推定で最大約1分23秒で、速読ですとその半分ぐらいです。

ダム巡りでダムばかりネタになっていましたが、栃木県のダム巡りをした16日にはほかのものも撮影していたりします。道の駅湯西川ではダム巡りを優先してスルーした五十里湖に架かる湯西川橋梁を通過する野岩鉄道の映像も、戻ってきて撮影していたんですよね。

川治ダムまで見終わって、栃木県から撤収することとなったわけですが「鉄橋を走る電車の映像っていいよね~」といったら、ちょうどいい感じで走るダイヤだったんで、「そんなことをいうと撮りに行きますよ」って言われて、少し寄り道になるけど道の駅湯西川まで戻って撮影に望むこととなったという。やっぱり鉄橋を通過する電車って絵になるなぁ~。かなり好み。鉄道クラスタへ誘導されているのかも!?

2014-07-16_17.36.50_Sony_C6903_ISO50 2014-07-16_17.38.46_Sony_C6903_ISO50

最初の宿題となった中岩ダムですが、上流側からは見られたけれど下流側からは見られないのかなとチェックしたわけです。結果的にはダムは見られなかったのですが、東武鬼怒川線が走るところを見ることができて、貴重なものを見られたと感動したという。

2014-07-16_19.00.08_Sony_C6903_ISO200 2014-07-16_19.00.12_Sony_C6903_ISO160 2014-07-16_19.01.03_Sony_C6903_ISO64 2014-07-16_19.02.26_Sony_C6903_ISO125 

下流には、なんだか堰っぽいものがありました。上流にも堰っぽいのがあったので、状況がよくわかっていない自分には何もいえない状況。このあたりはどのような水利になっているんでしょう?

2014-07-16_19.06.04_Sony_C6903_ISO320 2014-07-16_19.08.52_Sony_C6903_ISO320 2014-07-16_19.06.08_Sony_C6903_ISO400

 

コメントを残す