LostTechnology Blog

気になる製品やニュースと株式投資などをなんとなく書き綴ります。でも戯言や写真が多くなりそう。旅行先を検討中の方は写真が参考になれば幸いです。なお、当然ながら文章および写真の無断転載はお断りしています。使いたい場合には事前にContactからご相談ください。掲載している写真はサーバーのファイル容量節約のために長辺1920pixel以下に抑えています。

第8幕も楽しかった『ららマジ』

[記事公開日]time 2017/05/29

第8幕も楽しかった『ららマジ』

26日の夜から配信が始まった『ららマジ』の第8幕も面白かったですね。睡魔と戦いつつも早々に終わらせてしまい(実は1回Autoオフでの途中で寝落ちって負けてたけど💦)、ストーリー面は安定感がある良作との印象には変化はありません。今回は萌ちゃんの地獄めぐり大喜利。最初のストーリーを読んで、登場しているメンバーだと、かなえちゃん、菜々美、ひかり先輩だったから、★5かなえちゃんをリーダーにして菜々美とひかり先輩を入れた風チームで地獄めぐりを開始しちゃいました。ほかの属性では同じメンバーでよさそうなチームを組めなかったんだもん、仕方ありませぬ。なお、現時点では水属性の★5ドレス皆無でした。

焦熱地獄はやっぱり火属性の敵で、風属性チームは火力的にも防御的にも相性が最悪だな……とは思いつつ、闇属性の梨花先輩を助っ人に入れておけば手数で雑魚掃討をできてなんとかなるだろうと楽観視していたけれど、さすがに徐々に厳しくなっていく地獄。

萌「かなえ、先輩と仲いいん、だね。」
かなえ「え! えー? そーですかー? そう見えますー? あ、いやでも、変な噂流さないでくださいね! 私は別に、意識とかしてないですから……! 先輩が私の女子力にやられちゃってる可能性はなくはないですけど……。」

そのような平和な会話が進んで行く中で、かなえちゃんがまた面白だなと思う展開はやばかった。以前あった葉月先輩のイベントで学んだ(?)からかあざといけれど、電車の中でプレイしているときにこんな流れを見せられたらニヤニヤしてしまいそうで非常に危険ですじゃ。ストーリーを進めるときは自宅で、出先では経験値稼ぎの周回だけにしておこうと思わされます(笑)。菜々美も結構笑わせてくれるけど。

菜々美「ここにいるチューナーくんに身も心も任せれば、悩みなんて吹っ飛ぶよ!」icon-arrow-circle-left わざと誤解させようとしてないか?💦

菜々美「(焦熱地獄を見て)これってひょっとして、どこかの有名な温泉なのでは!?」

菜々美「ふっふっふ。焦熱地獄にもIT化の波がやって来ました。この地獄に落ちた人は、ネットで盛大に叩かれたり――」

それにしても、そんな地獄提案も取り入れていく柔軟な萌ちゃんの焦熱地獄シナリオは、お笑い的にも敵の強さ的にもすごいな……。いや、敵が手強いのは苦手属性のチームで戦いを続けたからだけど。でもでも、風チームでそろそろ限界だから属性を変えようかなってときに、かなえちゃんがかっこいいこというんだもん。

かなえ「萌ちゃんを、私のお友達を苦しめるようなヤツは――。私がこの手で倒します! お友達を助けるのに、理由が必要ですか?」

よく言った! 覚悟を決めたじょ。いや、でもこれって危険なフラグとなるお約束系のセリフなのでは?💦

率直に最初に思ったのは、編成変えずにいってこの先、勝てるのかな……💦

って感じでしたが、ノーマルモードは風属性のチームでなんとか突っ走りきりました。召喚運がない自分は、風属性チームでは勝てるんだろうかってぐらい、かなりキツかったんだけどなんとか突破(笑)。

ハードモードはすぐにとりかかる予定はないため、属性を変えるべきか、召喚でいいドレスを得られるまで待ってみるか、しばらく考えます。まあ、火属性に強い水属性ってあまり召喚できていないので、自分の場合には、属性は光か闇のチームのほうがよいかもしれない。

これまでのシナリオの出来的に、第9幕以降のシナリオにもかなりの期待ができそう。楽しみです。

しかし、器楽部の面白メンバー(?)は萌ちゃんの認めた師匠アミ先輩に及ばなかったようなのが、今後のアミ先輩の時のストーリーイベントで面白伏線となるかもしれない。ワクワクしますね~。

最近調子にノッてるかなえちゃんに第2場が来たりする展開もあるんじゃないかとか妄想してしまい、現在公開されている情報よりも先の展開が読めないのもなかなか楽しみである……(笑)。

アニメ化も来ますよね?

© Wright Flyer Studios / © A-1 Pictures


ららマジ チューナーズノート ~オフィシャルキャラクター資料集~ ららマジ B2タペストリー

sponsored link

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

投稿の月別アーカイブ



sponsored link

カテゴリー