まだ生き残っていたiPhone7詐欺広告

もう2カ月ぐらい前にニュースにもなっていたと思う「iPhone 7のテストユーザーに選ばれた」って詐欺広告が今日表示されました。まだ広告のチェックをすり抜けてこの詐欺広告が配信されることがあるんですね。「これは冗談ではありません!」ってアヤシい文言がしっかり残ってますよ(笑)。

iPhone7

おいしい話などないわけで騙されてはいけません。フィッシング詐欺は、騙すために icon-apple マークを使ったり、Appleっぽいデザインのページにするのは当たり前。見た目で判断するなど問題外といえます。先に進むと間違いなく住所や連絡先、クレジットカード番号などの入力を求められることが確実。即閉じ一択。

そもそも、どこの誰だかわからないような人に開発中の社外秘の製品を渡すことなどあり得ないわけです。

それにしても、参加を希望するだけでお礼を送るとか、ぶっちぎりの怪しさですねー。しかし、Apple Watchはないだろう。毎日充電しないといけない時計なんて罰ゲームでしかない。別の物にしておかないと騙せないんじゃないの……って思ったけど、この部分はApple製品からランダムにひとつ表示されるのかも。

あと、騙すためには急かして判断力を鈍らせる必要があるからとはいえ、「在庫数が少なくなっています」の文言はないよなぁ。テストユーザーの人数分程度も用意できないっておかしいと思うだろうに。逆効果。

この詐欺広告は出来が悪すぎて赤点ですよね~。騙される人いないでしょ?

 

コメントを残す