LostTechnology Blog

気になる製品やニュースと株式投資などをなんとなく書き綴ります。でも戯言や写真が多くなりそう。旅行先を検討中の方は写真が参考になれば幸いです。なお、当然ながら文章および写真の無断転載はお断りしています。使いたい場合には事前にContactからご相談ください。掲載している写真はサーバーのファイル容量節約のために長辺1920pixel以下に抑えています。

AVIUTLからの拡張QSV出力をテスト

[記事公開日]time 2019/01/07

AVIUTLからの拡張QSV出力をテスト

H.264/AVCのハードウェアエンコードをAVIUTLで試してみたいというわけで、Intel Core i9-9900Kの内蔵GPUを利用してmp4ファイルを作成できる「拡張QSV出力」を使ってみました。最初のテストなので、どのモードを使うのがよさそうなのかを判断するために、今回はモードと設定を変更してみたエンコードのテストとなります。

※素材には解像度1440×1080で動きがそれなりに激しい1420秒の映像を用意して使用しました。

出力は「H.264 / AVC」で、速度は「1 – best quality」を指定しました。モードと関連パラメーターは以下に掲載している表内の通りです。

モード品質設定出力fpsサイズ
固定量子化量(CQP)I:24 P:28 B:32143.54fps160MB
固定品質モード23146.76fps308MB
固定品質モード26146.72fps194MB
固定品質モード28147.68fps149MB
先行探索付き固定品質モード23136.05fps690MB
先行探索付き固定品質モード28136.04fps288MB
  • 重み付きPフレーム
  • 重み付きBフレーム
  • フェード検出
  • open-GOP
  • ピラミッド参照

上記の部分以外は動画エンコードの設定を変更せずにmp4出力を実行した結果となります。

-c h264 –quality best –cqp 24:28:32 –weightb –weightp –fade-detect –sar 4:3

さすがにGPUを使用したハードウェアエンコードは速いですよね。画質はx264のほうが良好なので、今後も拡張x264出力のほうを使いそうではありますが、時間がない急いでいるときの救済プランとして覚えておこうかと思います。

まだ素材ひとつ試しただけなのですが、固定量子化量(CQP)モードでIフレーム、Pフレーム、Bフレームの品質を指定して出力するのがよさそうだと判断。狙った映像品質になることが期待できるし、出力速度もかなり速くてファイルサイズも小さくなって結構バランスがよさげでしたから。

sponsored link

コメントを残す

投稿の月別アーカイブ



sponsored link

カテゴリー