LostTechnology Blog

気になる製品やニュースと株式投資などをなんとなく書き綴ります。でも戯言や写真が多くなりそう。旅行先を検討中の方は写真が参考になれば幸いです。なお、当然ながら文章および写真の無断転載はお断りしています。使いたい場合には事前にContactからご相談ください。掲載している写真はサーバーのファイル容量節約のために長辺1920pixel以下に抑えています。

Windows10のWindows Update設定を変更

[記事公開日]time 2016/01/08
[最終更新日]time 2016/01/13

以前のWindows Updateでいろいろ面倒なことになったのには、Windows10が用意している更新プログラムのインストール方法が2択なのが問題だったりします。アップグレードの延期という設定は、大幅なOS更新時の自動アップグレードを止めるだけで、通常のセキュリティーアップデートは実行されるんですよね。

Windows10の更新プログラムのインストール方法

Windows10で選択できる更新プログラムのインストール方法の選択

  1. 自動(推奨)
  2. 再起動の日時を設定するように通知する

まず、自動のほうですがこれは作業をしていない時に自動で再起動されるとされていますが、この設定では過去にLAN経由で別のPCからファイルを転送して取り出している途中に再起動をされたことがあり、それ以来まったく自動を信用していません。

再起動の日時を設定した場合には、設定した日時の時にPCの前にいれば再起動前の確認が表示されるから問題ないんだけど、ちょっと席を外していたりすると確認ダイアログが出てから5分ほどで自動再起動が始ってしまいます。

自分としては、WindowsXPとWindows7と同様の「更新プログラムをダウンロードするが、インストールを行うかは選択する」がベストなんですよね。

Windows7の更新プログラムのインストール方法の設定

Windows7の更新プログラムのインストール方法の設定

さて、うちの環境はWindows10 Proだから、グループポリシーエディタの設定項目を調べてみました。 icon-windows キーを押すか、 icon-windows キー icon-plus Rキーを押し、「gpedit.msc」と入力して、グループポリシーエディタを起動。グループポリシーエディタはWindows10 Home版にはありません。

ローカル グループ ポリシー エディター

ローカル コンピューター ポリシー  icon-angle-double-right コンピューターの構成 icon-angle-double-right 管理用テンプレート icon-angle-double-right Windows コンポーネント icon-angle-double-right Windows Updateと辿ります。

「自動更新を構成する」って項目があるので、これを有効にして「3 – 自動ダウンロードしインストールを通知」にすることでおそらくWindowsXPやWindows7で設定できていたのと同じ動作になりそうです。

自動更新を構成する

「スケジュールされた自動更新のインストールで、ログオンしているユーザーがいる場合には自動的に再起動しない」という項目もあるため、念のためこれも有効にしておきます。

スケジュールされた自動更新のインストールで、ログオンしているユーザーがいる場合には自動的に再起動しない

設定の変更後は1度再起動して設定変更を反映しておけば大丈夫なはず。この設定で様子を見て、次回のWindows Update時に挙動を確認してみます。


【追記】 無事設定通りに「更新プログラムをダウンロードするが、インストールを行うかは選択する」と同様の挙動になっていることが確認できました。アクションセンターの通知で止まっています。

アクションセンター

 

sponsored link

コメントを残す

投稿の月別アーカイブ



sponsored link

カテゴリー