LostTechnology Blog

気になる製品やニュースと株式投資などをなんとなく書き綴ります。でも戯言や写真が多くなりそう。旅行先を検討中の方は写真が参考になれば幸いです。なお、当然ながら文章および写真の無断転載はお断りしています。使いたい場合には事前にContactからご相談ください。掲載している写真はサーバーのファイル容量節約のために長辺1920pixel以下に抑えています。【申し訳ありませんが、使用しているテーマの不具合でコメントはスマートフォンからしかできなくなっているようです】

Xperiaで行なった基本アプリの設定

[記事公開日]time 2015/04/17
[最終更新日]time 2015/04/23

何かアプリをインストールするまでもなく、真っ先にやっておかないといけないプリインストールアプリの設定から。まず最初にやるのは icon-home から上フリックでGoogle nowを設定して有効化ですが、その次からの話。

※メモなので後日気づいたものを追記するかもしれません。

sponsored link

Playストア

2015-04-15 11.32.02Android端末のアプリの根幹ともいうべきPlayストアのアプリは、初期設定のまま使うわけにはいきません。アプリを起動して設定から「アプリの自動更新」をオフにしておきます。バグありのバージョンに勝手に更新されるとか改悪されたものに更新されては困りますもん。調べてからのアップデートが大切。それにデータ転送量にも影響しますから。意図しないアップデートでデータ転送量が増えなくなるから、このあたりの設定は必須じゃないかな。「ホーム画面にアイコンを追加」もオフ。インストールするたびにアイコンが追加されては困ります。

Google+(フォト)

右上にある icon-ellipsis-vertical をタップして設定から自動バックアップを変更します。自動バックアップはON写真サイズは標準サイズ(画像の長辺2048px以下にリサイズされるけど容量無制限で保存可能)写真バックアップは「Wi-Fi経由のみ」にしておくのがよさげ。「充電中のみ」にチェックを付ければ、バッテリー消費を気にせずに自宅で充電している時にだけ自動バックアップできますね。出先でWi-FiかBluetoothで接続中にモバイルバッテリーを使うと条件的に発動しちゃうけど……。

設定にある「データ使用量を節約」にチェックを付けておくと、閲覧時に若干画質が劣化するけどデータ通信量が節約できるのでチェックしておくとよいかもしれません。

Chrome

ブラウザのChromeも設定を変更しておきました。 icon-ellipsis-vertical から設定を選んで「データセーバー」をONにします。これでブラウザで表示するWebページがだいぶ転送データ量を減らすことができるようになって、節約が可能です。このあたりは、ほかのアプリの設定でも変わってくるので再チェックをしておくほうがよいかもしれません。格安SIMで運用するならば重要な部分じゃないかと思われます。

カメラ

フラッシュの禁止(プレミアムおまかせオートとマニュアル双方)、保存先をSDカードに変更、ジオタグON、タッチ撮影ONに設定。マニュアルモードは手ぶれ補正をONにしました。マニュアルモードは8M以下でないとSCNモードが使えないので、目的に合わせて解像度を変更する感じになります。

 マップ

ロケーション履歴に情報を送る端末は常に持ち歩く1台だけにしておかないと自宅に置いた端末の位置情報とでひどいことになるため、設定から「Googleの位置情報設定」にある「Googleロケーション履歴」で位置情報を記録する端末を指定します。あとは「距離単位」はkmにして、「シェイクでフィードバックを送信」はOFF。

ハングアウト(Android2.3ぐらいまでの旧名称はトーク)

hangoutメッセンジャー系のアプリは、Android端末を使っているんだからプリインストールされているGoogleのハングアウトだけでいいやとほかのアプリは入れません。2013年頃だったと思うんだけど、Skypeをインストールしたら待ち受けだけで1時間あたり1%ほどバッテリー消費が増えたんですよね。嫌だよ、そんなの。今はハード面でもソフト面でも改善されているとは思うんだけど。

あと、情報はできるだけ提供先を少なくするべきというポリシーで運用したいので、ネットを利用する上でどうしてもある程度提供してしまうことになるGoogleだけに限定したいから、Googleのハングアウト以外は使おうという気になれないという面もあります。LINEなんて社名変更前も含めれば5回ぐらい情報流出させているし問題外だもん。

前振りが長くなりましたが、ハングアウトは設定から使用しているGoogleアカウントを選んで、「ハングアウトできる相手を指定」から、Google+でのサークル(グループ)別に直接連絡の可否を指定しておきます(すでに別端末で設定済みならばその設定が使われるので再設定は不要)。ほかには無料音声通話をするために、(現時点では)プリインストールではないハングアウトダイヤルをインストールしておくぐらいかな。全端末で同期されていて、手元のどの端末からでもチャットを再開できるのもいいと思う。

個人的には、ハングアウトはもっと利用者増えてもいいと思うんだけどなぁ。チャットで icon-paperclip 添付からGPSを利用して現在位置を送ることができるから待ち合わせで「今どこ?」が確認しやすいし、PCのGmailで画面左にある「チャット」をクリックしてから検索ボックスにキーワードを入力して過去のチャットでの会話を検索できますからねぇ。待ち合わせとかは時間が経過すると記憶が曖昧になって、過去のチャットから検索したいなんてケースがあると思うんだけど、それが手っ取り早くできるわけです。

まあ、チャットはハングアウトにしようよ~とか言っても面倒くさいことになるだけだろうから、自分は積極的な勧誘をしていないけどね。

sponsored link

コメントを残す

投稿の月別アーカイブ



sponsored link

カテゴリー