LostTechnology Blog

気になる製品やニュースと株式投資などをなんとなく書き綴ります。でも戯言や写真が多くなりそう。旅行先を検討中の方は写真が参考になれば幸いです。なお、当然ながら文章および写真の無断転載はお断りしています。使いたい場合には事前にContactからご相談ください。掲載している写真はサーバーのファイル容量節約のために長辺1920pixel以下に抑えています。【申し訳ありませんが、使用しているテーマの不具合でコメントはスマートフォンからしかできなくなっているようです】

川越の伊佐沼を見てきた話

[記事公開日]time 2013/12/18
[最終更新日]time 2019/03/21

小手指から歩いて行くのは厳しいけれど、自転車で行くならばちょうどいいサイクリングの距離かなと思っていた川越にある伊佐沼。そのうち行こうと思っていたものの、結局は自転車で行く前に本川越駅から歩いて行ってしまいました。

川越へ行ったのは年末の『ソードアート・オンライン』一挙放送の前に、ちょっと川越にある聖地を見てこようかなと思ったからだったりします。13日は20時間ぐらい起きていたあとだったんだけど、睡魔がちっとも来なかったので、「ちょっと行ってみるかー!」って出撃してしまったんですよね。

しかし、まさか最初のポイントで予想外の事態に遭遇するとは思いませんでした。工事でバス停が変わっているじゃないですか。

むむむ、川越駅西口バス停という聖地は駅前広場改修工事で消滅していた……。

まあ、バス停は神社へ向かうルートから少し外れただけのところだからあまり気にせず、仙波氷川神社へと向かいました。 そんなに遠くないのですぐに到着。って、いつもダムでは結構な距離を歩いているから遠くないと感じるのかもしれないけど。

『ソードアート・オンライン』の第1話に出てくる仙波氷川神社。

神社の次は『ソードアート・オンライン』の川越北中のモデルとなった初雁中学校へ。生徒の映り込みを避けるために、授業中であろう時間帯に到着しての撮影を狙いました。意図した通り、無事に誰もいない状態での撮影に成功です。

放課後になって生徒で溢れていたら冬休み期間に撮影にまた来ようと思ってたけど、無事にこの日に撮影完了できました。

とりあえず、川越にある『ソードアート・オンライン』の聖地はここまでで終了。歩いている途中で見かけて印象に残った写真は以下の2枚ぐらいかな。

14時前に見終わって、睡魔も来なければ行こうと思っていたのが伊佐沼。全然眠くなかったので、予定通り伊佐沼へと向かいました。のんびりと歩いた時間は42分ほど。のどかな風景はいいですね。「のんのんびより」を見たあとだと特に。

  

Googleマップのナビで歩いて無事に伊佐沼に到着。伊佐沼公園には池があるのですが、水はまったくなしでした。自然の池じゃないから、節電で水を流すのをやめて干上がったという感じなのでしょうか。

   

公園の隣を流れる川には鳥さんたちがいっぱい。冒険の森連絡橋から撮影した動画です。

伊佐沼公園を通り抜けたところから撮影してみた写真をPhotoshopでつなぎ合わせた写真。

特に見るものがあるわけでもないので、沼を一周して帰ることにします。島のようになっている場所に鳥たちが集まっていて、それを立派な機材を持ち込んで撮影している50人ぐらいの集団がいました。なんだったんだろう? 珍しい渡り鳥でも来ていたのだろうか?

 

岸辺付近に鳥がいたので動画を撮影してみました。

さすがに日が傾くのが早い季節だなと思いつつも、伊佐沼はそれほど大きくないので余裕。なにせ、沼がどこからどこまでか見えていたから。よく訪れたダム湖の遊歩道を1周したりする自分にとっては、どれぐらいの距離なのかをGoogleマップで確認するのに比べたら時間の予測がしやすかったですね。のんびり歩きながら撮影をしてきました。

     

伊佐沼を1周を歩いたのと、そこから本川越駅まで歩いて約90分でした。ほどよい散歩を終えて帰宅し、不眠症気味になっていた状態から回復して、ぐっすり眠れましたとさ。おかげで年末進行で一番キツい時期を乗り切れました。まだ終わっていないんだけど、山を越えているからひと息つけているといったところ。

なお、川越でほかにも撮影してきた写真を見たい方は、Google+のアルバムでご覧ください。

[amazonjs asin=”B008DQKVMK” locale=”JP” title=”川越 芋焼酎 720ml 芋焼酎 25度 川越酒造場”]

sponsored link

コメントを残す

投稿の月別アーカイブ



sponsored link

カテゴリー