利根大堰を訪問

[記事公開日]2017/03/08
[最終更新日]2017/03/09


たぶん人生2回目の利根大堰訪問。大昔に社会科見学で見に来ていたと思うんだけど、もはや全然記憶が残っておりませぬ。デジャブ的に過去に来たことはあるんだなーみたいなぐらいで。ちなみに訪問時は天気はよく晴れていたものの、風は強め。持っていってはいたもののドローンでの撮影はやめておきました。安全第一。

ミラーレス一眼のα7Sは今回は持って行っていませんので、撮影はSONYのコンパクトデジカメDSC-HX90VとASUSのスマートフォンZenFone3 Ultraです。

利根大堰(独立行政法人 水資源機構 利根導水総合事業所)はダムカードを2種類配布しています。いや、利根大堰は堰なんですけどね……って利根大堰はまだしも、武蔵水路はダムカードといっていいんだろうかって話を icon-twitter どん君としながらもらいに行きました(笑)。玉川上水とか、水路でもカードがガンガン増えてきたら絶望的な無理ゲー化待ったなし。元々コンプリートなんて考えること自体が無理ゲーだろうって話(すみません、コンプリートは最初から考えていないけど)もありますが💦

大堰自然の観察室は魚道を横から見られるんですが、時期的に溯上しているお魚さんはおらず。見ているだけで急な流れすぎて大変そうな中を遡上できるのかって気になって観察室にある映像を見てみると、しっかり魚道を突破していて驚かされるばかり。あと、社会科見学用の音声説明付きパネルのところで、にゃんこを発見。自分は音声説明を聞きながらも、パネルを見ているんじゃなく歩いている猫さんを追尾してしまいました(笑)。

コメントを残す