Alt+Tabがマシになったような気がする

この記事を読むのに必要な時間は推定で最大約23分30秒です。

Windows 11にしてから困っていたのは、タスクバーまわりとAlt + Tabを使用してのタスク切り替えでした。

バグで使いにくかったタスク切り替え

Windows 11へアップグレード」で記述していたタスク切り替え時に発生する問題。うちの環境だけなのかもしれないけれど……。

Alt + Tab でのタスク切り替え動作がおかしい。アクティブな切り換え元のアプリで Alt が入力されてからタスクが切り替わることがあるため、タスク切り替え先のアプリから戻ってきた時に、フォーカスがタスク切り替え前と異なる部分(アプリで Alt を押した時のフォーカス先:たいていはメニューバーの「ファイル(F)」)に移っていて、タスク切り替え時に文字入力途中だったりすると、タスク切り替えで戻ってきた時に作業をそのまま継続再開することができない💦

あまりにも使いにくくて困っていたのですよね。テキストエディタで文章を書いている途中で、PDFファイルやWebサイトの資料などを参照して戻ってくると、フォーカスがテキスト入力欄にないから、いちいちAltを押してフォーカスを戻さないと文章の続きを書けないというのがね……。フォーカスがメニューバーにある時に気付かずに文字入力しちゃうとエラー音が出るのがまたイライラさせられるんですよねぇ💦

応急的に対処していた方法

  1. + Tab との併用
    • テキストエディタなど文字入力をしているアプリから別アプリへとタスクを切り換える際に、Alt + Tab の代わりに + Tab を使用することで、タスク切り換え前にAltが入力されることを回避する。
      ※戻るときはAlt + Tab でだいたい大丈夫。
    • Alt + Tab を諦めて、常に + Tab を使用💦
  2. タスクの切替に必ず + 1などを使う
    • 頻繁に使用するアプリが10個以内ならばこれが確実。デメリットは1~0まではキー配置の横幅があるため、押しにくい位置に割当てられているアプリは切替がつらい💦
  3. Winaero Tweakerを使う

    • オンラインソフトウェアの「Winaero Tweaker」を使って「Enable classic Alt+Tab dialog」にチェックをつけて、かつてのWindowsのタスク切り替え機能を使う。
      ※Microsoft StoreのUWP(Universal Windows Platform)版アプリのゲームなどはタスク切り替え一覧に出てこないので困る💦

Windows UpdateでKB5007262を適用後に少し改善された?

セキュリティ修正を含んでいない定例外のオプション扱いのパッチ「KB5007262」をインストールしてみたところ、一番頻繁に使っているタスク切り替えでAltが入力されるバグの発生頻度がだいぶ低くなりました。

  • サクラエディタ Acrobat Reader DC

まだ完全に解消したわけではないものの、なんとか耐えられそうな発生頻度になって……いないや。やっぱり無理だ。Microsoftの「KB5007262」の修正内容一覧に、Alt + Tab の別の問題が修正されているから、直ったらラッキーってことで入れてみたわけですが、多少でも改善されたのはよかったって感じ。でももう + Tab 常用でいいような気もしてきた💦

ハイライト

  • 入力メソッド エディター (IME) を使用Internet Explorerをコピーして貼り付けるときに、エラーが発生する問題を更新します。
  • 通知領域に iFLY 簡体字中国語 IME アイコンの正しくない背景が表示される問題を更新します。
  • エクスプローラーとデスクトップのショートカット メニューの表示を妨げる問題を更新します。 この問題は、多くの場合、1 回のクリックでアイテムを開く場合に発生します。
  • タスク バーのアイコンのアニメーションのパフォーマンスが向上します。
  • オーディオ デバイスの容量に影響を与えるBluetooth問題を更新します。
  • エクスプローラー ウィンドウを閉じると、エクスプローラーが動作しなくる問題を更新します。
  • 一部のビデオで間違ったクローズド キャプションの影が表示される問題を更新します。
  • デバイスから表示言語のセルビア語 (ラテン) Windows削除する問題を更新します。
  • タスク バーのアイコンにマウス ポインターを合わせるとちらつきが発生する問題を更新します。この問題は、ハイ コントラスト テーマを適用した場合に発生します。
  • タスク ビュー、Alt + Tab、またはスナップ アシストを使用すると、特定の条件下でキーボード フォーカス矩形が表示されない問題を更新します。
  • ヘッドセットを装着すると、Windows Mixed Reality起動する可能性がある問題を更新します。 この問題は、”ヘッドセットのプレゼンス センサーが装着しているのを検出した場合に Mixed Reality Portal を起動する” オプションをオフにした場合でも発生します。
  • 差し込み後にデバイスがプリンターを検出しない可能性がある問題を更新します。
  • デバイスのオーディオが一時的に失われる可能性がある問題を更新します。
  • 一部の変数フォントが正しく表示されない問題を更新します。
  • Meiryo UI フォントや他の垂直フォントを使用すると、文字または文字が正しい角度で表示される問題を更新します。 これらのフォントは、日本、中国、またはアジアの他の国で頻繁に使用されます。
  • 特定のアプリが入力への応答を停止する原因となる問題を更新します。 この問題は、タッチパッドを持つデバイスで発生します。
  • 機能の更新後の最初の 1 時間にフォーカス アシストを自動的に有効Windows追加します。
  • オーディオの歪みの問題を更新します。この問題は、Xbox Oneおよび Xbox シリーズ オーディオ周辺機器に影響し、空間オーディオで使用するときに発生します。
  • データの複数の側面をWindows 絵文字。 反復的で継続的な作業の一環として、このリリースでは次の機能強化を行いました。
  • Segoe UI 絵文字絵文字のすべてのテキストを 2D フォント スタイルFluent更新絵文字します。
    • 絵文字 13.1 のサポートが含まれています。次の機能が含まれます。
    • 新しい絵文字を更新します。
    • サポートされているすべての言語で絵文字 13.1 を検索する機能を追加しました
    • アプリケーションで 絵文字を入力 できるよう、[絵文字絵文字を更新します。

機能強化および修正

このセキュリティ以外の更新プログラムには、品質の向上が含まれています。 主な変更は、次のとおりです。

  • PowerShell 7.1 以降の Appx PowerShell コマンドレット機能に影響する問題を修正します。
  • 一部のユーザーが起動時に予期しない “悪いイメージ” エラー メッセージ ダイアログを表示する原因となる問題を修正します。
  • searchindexer の原因 となる問題を修正します。リモート デスクトップ環境でのマウント解除操作中に応答を停止します。
  • プロセスの開始に影響する問題 SearchFilterHost.exe します。
  • 2021 年のインドネシア共和国の夏時間の取り消しのサポートを追加しました。
  • 特定のプロセッサを搭載したデバイスが休止状態からスリープ状態を取り出す際に応答を停止する原因となる問題を修正します。
  • 呼び出しプロセスの動作を wslapi.dll する可能性がある COM 初期化の問題を修正します。
  • Hyper-V 仮想マシン バス (VMBus) で、ディスクを接続するときに Linux 用 Windows サブシステム (WSL) VM がタイムアウトする問題を修正します。 この問題により、ユーティリティの起動も妨げる可能性があります。
  • 休止後のシステム メモリ管理ユニット (SMMU) の障害処理に影響する問題を修正します。
  • Hyper-V を有効にした後、システムの動作が停止する問題を修正します。
  • 特定のプロセッサを持つドメイン上のデバイスに、起動時またはバックグラウンドでマシン グループ ポリシー オブジェクトを自動的に適用できない問題を修正します。
  • Server Manager コマンドレットがエラーを返す原因となる問題を修正します。 その結果、オプション機能のインストール中に、多くのソフトウェア定義データ センター (SDDC) 検証が失敗します。
  • インターフェイスで 576 バイト未満のインターネット プロトコル バージョン 4 (IPv4) の最大伝送ユニット (MTU) を構成するオプションを追加します。
  • get-wineventが失敗する原因となる問題に対応します。エラーは InvalidOperationException です。
  • 一部の変数フォントが正しく表示されない問題を修正します。
  • Meiryo UI フォントや他の垂直フォントを使用すると、正しい角度でグリフが表示される問題を修正します。 これらのフォントは、日本、中国、またはアジアの他の国で頻繁に使用されます。
  • ブラウザー間の特定のデータ転送を容易にする機能を追加します。
  • ダイアログボックス内でダイアログが開くと発生する問題をInternet Explorer。
  • COM 自動化シナリオに影響するInternet Explorerに対応します。 詳細については、「11 デスクトップ アプリ の提供Internet Explorer FAQ」を参照してください。
  • 入力メソッド エディター (IME) を使用Internet Explorerテキストをコピーして貼り付けるときに、エラーが発生する問題を修正します。
  • 特定のアプリが入力への応答を停止する原因となる問題に対応します。 この問題は、タッチパッドを持つデバイスで発生します。
  • UI ライブラリ 3.0 (WinUI 3) アプリケーションの WebView2 Windowsに影響するタッチ キーボード配置の問題に対応します。
  • 異なる編集クライアントを切 りctfmon.exe に発生するメモリ リークを処理します。
  • 間違った電話番号を持つWindowsのアクティブ化の電話番号を更新します。
  • Windows 印刷サーバー上で共有されているリモート プリンターに接続するときにエラー コード 0x000006e4、0x0000007c、または 0x00000709 が発生する既知の問題に対応します。
  • USB を使用したインターネット印刷プロトコル (IPP) をサポートする USB 印刷デバイスに影響する問題を修正します。 この問題により、これらの USB 印刷デバイスはインストールを完了できません。
  • 特定の USB Print インストーラーが、プリンターを接続した後に検出されないという問題を修正します。
  • microsoft-edge: links を呼び出すと、OS 機能が不適切にリダイレクトされる可能性がある問題を修正します。
  • Windows プロセスが動作を停止し、オーディオが一時的に失われる可能性があるaudiodg.exeオーディオ システムの問題を修正します。
  • 仮想プライベート ネットワーク (VPN) トンネルの接続を妨げる問題を修正します。 “モデム (または他の接続デバイス) が既に使用されている、または正しく構成されていません” というエラー メッセージが表示されます。
  • 汎用ルーティング カプセル化 (GRE) VPN 帯域幅の制限を構成Software-Definedネットワーク (SDN) 仮想マシンの動作を妨げる問題を修正します。
  • 一部の開発者シナリオでは 、GetCommandLineA() の戻り値が小文字になる可能性がある問題を修正します。
  • VPN 接続がオフラインのときに VPN ユーザーが Windows Hello for Business を使用してサインインするときに発生するプライマリ更新トークン (PRT) 更新の問題に対応します。 ユーザーは、Azure Active Directory-Conditional Access でユーザー サインイン頻度 (SIF) 用に構成されたオンライン リソースに対して、予期 しない認証プロンプトを受け取Directory-Conditionalされます。
  • 組織のポリシーがユーザーの場所のプライバシー設定を管理するメッセージを追加します。 このメッセージは、「Windows 10 および11のオペレーティング システム コンポーネントから Windows への接続の管理」で説明されているグループ ポリシーによってプライバシー設定が制御されている場合に表示Microsoft サービス。
  • Fast Identity Online 2.0 (FIDO2) 資格情報プロバイダーに影響を与え、PIN エントリ ボックスが表示されるのを妨げる問題を修正します。
  • アプリケーションコントロールが 2 つのファイル バージョンWindows Defender誤って比較する原因となる問題を修正します。
  • ランサムウェアや高度な攻撃を識別して傍受するエンドポイントの機能を強化します。
  • ヘッドセットを装着すると、Windows Mixed Realityが開始される可能性がある問題に対応します。 この問題は、”ヘッドセットのプレゼンス センサーが装着しているのを検出した場合に Mixed Reality Portal を起動する” オプションをオフにした場合でも発生します。
  • オーディオの歪みの問題にXbox Oneオーディオ周辺機器に影響し、空間オーディオと一緒に使用するときに発生します。
  • リモート デスクトップ クライアントが実行されている場合、または RemoteApp が切断された場合に AltGr キーが動作しなくる問題を修正します。
  • クイック スタートの編集ボタンとバッテリー アイコンが断続的に表示されなくなる設定を修正します。
  • 通知領域の [フォーカス アシスト] ボタンに影響する問題に対応します。この更新プログラムでは、スクリーン リーダーのアクセス可能な名前が提供されます。
  • データの複数の側面をWindows 絵文字。 反復的で継続的な作業の一環として、このリリースでは次の機能強化を行いました。
    • Segoe UI 絵文字絵文字のすべてのテキストを 2D フォント スタイルFluent更新絵文字します。
    • 絵文字 13.1 のサポートが含まれています。次の機能が含まれます。
    • 新しい絵文字を更新します。
    • サポートされているすべての言語で絵文字 13.1 を検索する機能を追加しました
    • [ 絵文字など] パネルを 更新して、アプリケーションに絵文字入力します。
  • 未読通知の表示に影響する問題を修正します。一部の数値は、通知領域の円の中央に表示されません。
  • 多数のアプリをインストールしスタート メニュー解像度を変更した場合に発生する問題に対応します。 アプリ名はアプリのスタート メニューに表示されますが、アプリのアイコンは表示されません。 この更新により、複合解像度シナリオでセカンダリ モニタースタート メニューの信頼性が向上する可能性があります。
  • タスク バーのアイコンにマウス ポインターを合わせるとちらつきが発生する問題を修正します。この問題は、ハイ コントラスト テーマを適用した場合に発生します。
  • タスク ビュー、Alt – Tab、またはスナップ アシストを使用すると、特定の条件下でキーボード フォーカスの四角形が表示されない問題に対応します。
  • エクスプローラーとデスクトップのコンテキスト メニューでコンテキスト (ショートカット) メニュー項目を提供するアプリに影響する問題を修正します。 この問題は、これらのアプリがディレクトリまたはディレクトリ\バックグラウンド登録を利用している場合に発生します。
  • デバイスからセルビア語 (ラテン) 言語が自動的Windows削除される問題を修正します。
  • 通知領域に iFLY 簡体字中国語 IME アイコンの正しくない背景が表示される問題を修正します。
  • [候補] UI の展開中にキーボードを閉じると、タッチ キーボードの下部に空白が表示される問題を修正します。
  • エクスプローラーとデスクトップのショートカット メニューの表示を妨げる信頼性の問題に取り組む。 この問題は、多くの場合、1 回のクリックでアイテムを開く場合に発生します。
  • 機能の更新後の最初の 1 時間にフォーカス アシストを自動的に有効Windows追加します。
  • タスク バーのアイコンのアニメーションのパフォーマンスが向上します。
  • オーディオ デバイスの容量に影響を与えるBluetooth問題に対応します。
  • エクスプローラー ウィンドウを閉じると、エクスプローラーが動作しなくる問題を修正します。
  • 一部のビデオで不適切なクローズド キャプション の影が表示される問題を修正します。
  • 64 ビット バージョンの 11 で 32 ビット アプリケーションを実行するときに発生する問題Windowsします。 NetServerEnum () を呼び出した場合、エラー 87 またはエラー 1231 が返される可能性があります。
  • デバイスの起動を妨げる問題に取り組み、ライセンス API 呼び出しのためにデバイスが応答しなくなる問題に取り組む。
  • フラッシュ ドライブ (SD カードや特定の USB ドライブなど) が [最適化] および [ドライブの最適化] UI に表示されない問題を修正します。
  • 更新シーケンス番号 (USN) ジャーナルを有効にするときに NTFS に影響する問題を修正します。 NTFS は、書き込み操作を実行するごとに不要なアクションを実行し、I/O パフォーマンスに影響を与えます。
  • onunload イベントを有効にし、新しいモードでポップアップ Microsoft Edge Internet Explorerします。
  • スタート メニューの簡単操作フォルダー名を “アクセシビリティ” に更新して、Windows 11 (元のリリース) の名前付け基準に一致します。
  • Microsoft ナレーターのユーザーが[ユーザー名] で [点字] オプションを選択すると、そのユーザーに影響を与える設定。
  • デバイスの動作が停止した場合や、以前のバージョンのデバイスと同様に停止エラーが発生した場合は、画面の色を青にWindows。
  • 画面の解像度を変更した後、スタート画面の [すべてのアプリ] 一覧の一部のアプリ アイコンが下部に表示される問題を修正します。
  • ネットワーク状態テキストのレンダリングに影響を与えるロック画面の信頼性の問題を修正します。
  • 更新プログラムが一覧表示されている場合に、設定 アプリの [Windows 更新履歴] ページに、カテゴリごとに 0 (0) 更新の概要カウントが表示される問題を修正します。
  • NFS 共有をマウントした後Windowsファイルの名前変更を妨げる可能性がある、Windows ネットワーク ファイル システム (NFS) クライアントの問題に対応します。 この問題は、エクスプローラーを使用してファイルの名前を変更した場合に発生しますが、コマンド ラインを使用してファイルの名前を変更した場合は発生しません。
  • ボリュームを削除するときに停止エラーが発生するvolmgr.sysを修正します。
  • Microsoft Installer (MSI) を使用してアプリを修復または更新しようとした後に 、Kaspersky アプリなどのアプリが開かれるのを妨げる可能性がある既知の問題に対応します。

コメントを残す