詐欺の手口に国境はない

国外から久々に詐欺メールが来た。

利益を与えようというのはおかしな話

リスクが少ないのならば銀行が出資するわけで、一般の人には話が持ち込まれた時点で詐欺と疑うべき案件です。まあ、騙されちゃう人が多いから根絶できずに詐欺師が生き残っているわけですけれど💦

今回届いたのは以下の文面。原文とGoogle翻訳の結果を掲載しておきます。いつもながら翻訳結果がおかしいんだけれど、まあある程度意味が通じさえすれば問題ない、たぶん。

Hello there,

I’ve been perusing your blog and saw that I’d truly be eager to work with you by contributing a visitor post on your site losttechnology.jp. Content will be related to sports betting. If you are interested to collaborate with us send the amount you charge for this help.

Waiting for your reply

突っ込みどころが多いのはGoogle翻訳のせいというのもあるかもしれませんが……。1年後とかに再び翻訳してみると、ちょっと改善されたものになっていそうではあります。

こんにちは、私はあなたのブログを熟読してきましたが、あなたのサイトlosttechnology.jpに訪問者の投稿を投稿することで、あなたと一緒に仕事をしたいと本当に思っていることがわかりました。 コンテンツはスポーツベッティングに関連します。 あなたが私たちと協力することに興味があるなら、あなたがこの助けのために請求する金額を送ってください。 お返事を待って

まず最初に突っ込むべきところ。熟読してきたのならば日本語で送ってこいよ(笑)。そしてスポーツにはまったく興味がないからそのようなコンテンツはないのに、スポーツでっていう時点で迷惑メールであることが確定ですよね。しかも金を払えという時点で詐欺確定で間違いなしという。うん、国が異なっても基本的な手口は変わらないね。

Google翻訳よりも優秀だといわれていたアプリを入れていたと思うんだけど、あまりにも翻訳が必要となるケースが少なすぎてアプリ名すら忘れてしまっていて使えなかった💦

なんらかのアプリ管理方法を試行錯誤してみなくてはなるまい。

コメントを残す