LostTechnology Blog

気になる製品やニュースと株式投資などをなんとなく書き綴ります。でも戯言や写真が多くなりそう。旅行先を検討中の方は写真が参考になれば幸いです。なお、当然ながら文章および写真の無断転載はお断りしています。使いたい場合には事前にContactからご相談ください。掲載している写真はサーバーのファイル容量節約のために長辺1920pixel以下に抑えています。【申し訳ありませんが、使用しているテーマの不具合でコメントはスマートフォンからしかできなくなっているようです】

日没後の天覧山登山

[記事公開日]time 2015/04/20

日没後の天覧山登山

ヤマノススメのイベントのあった19日。イベントの2部(夜)が開催されている中で、18:45頃から暇を持て余している人たちで天覧山へ登山しました。日が沈んで暗くなってから天覧山へ登ったのは初めてかな。花火を見るために登った時は日没前だったから。

登る組は天覧山の登山道は歩き慣れていてライトがなくても問題がなさそうでしたが、一応点灯。うーん、自分は携帯している100円ショップで購入したライトが前回使った時より暗かった。普通の電池からeneloopに変えたのが原因なのかな。これは再考しなければならないかもしれない。下山時はモバイルバッテリーに付属していたUSBのライトを使ってみたらかなり明るかったのが意外だったのと、ほかの方たちがスマートフォンのライトアプリを使っていたんだけどそれがえらく明るかったことに驚き。いざという時にはそういったものが役立ちそうな予感。

山頂ではむささびがいる木の撮影タイムになったんだけど、手ぶれでダメ。三脚なんて持ってきてないよぉ。でもみんな撮れないといっている中でも撮影できたα7Sってやはり凄いなぁ。この感度が普及価格帯まで来たら写真的にはかなりの革命なんじゃないかな。四阿のほうへ下りる階段も撮影。ノイジーな写真は、 α7Sの上限ISO409600で撮影したものです。それがぶれていないのはシャッター速度が1/10秒だったから。暗くてもシャッタースピードを稼げるって方向で活躍したことはこれまでなかったけど、そんな1/10秒なんて短い露光時間でもここまで見えるってのは今回最大の驚きでした。

2015-04-19_18.55.56_SONY_ILCE-7S_ISO12800_F4.0_0.625sec

プレミアムおまかせオート。シャッタースピード1/1.6秒、ISO12800。手持ち撮影だから普通にぶれた。

2015-04-19_18.57.17_SONY_ILCE-7S_ISO12800_F4.0_1.000sec

プレミアムおまかせオート。シャッタースピード1秒、ISO12800。手持ち撮影でぶれぶれ……。

2015-04-19_18.59.36_SONY_ILCE-7S_ISO12800_F4.0_3.200sec

プレミアムおまかせオート。シャッタースピード3.2秒、ISO12800。手持ち撮影だからぶれてる……。

2015-04-19_19.00.10_SONY_ILCE-7S_ISO65535_F4.0_1/10sec

Sモード。シャッタースピード1/10秒、ISO409600。手持ち撮影。

α7Sならば夜でも三脚があれば巡礼可能かなって感じの写真が撮れます。三脚がなくても設置して固定した状態で撮影した写真をいくつかピックアップ。これらはホントに日没後です。暗闇に目が慣れてきてもここまでは見えません。それにしても、SCNモード夜景で昼のように写る写真には何か違和感が……。

2015-04-19_19.00.59_SONY_ILCE-7S_ISO6400_F4.0_1.600sec

Pモード。シャッタースピード1.6秒、ISO6400、-0.7EV。

2015-04-19_19.22.33_SONY_ILCE-7S_ISO12800_F4.0_2.000sec

SCNモード夜景。シャッタースピード2秒、ISO12800。

2015-04-19_19.25.31_SONY_ILCE-7S_ISO12800_F4.0_2.500sec

SCNモード夜景。シャッタースピード1/10秒、ISO12800。

2015-04-19_19.30.09_SONY_ILCE-7S_ISO65535_F4.0_1/10sec

Pモード。シャッタースピード1/10秒、ISO102400。手持ち撮影。

手持ちで撮影したものもあります。まだまだ自分自身が特性の把握をできていないので、いろいろ試している段階なんですよね。手持ち夜景モードは意外と健闘してくれます。1回で成功するとは限らないけど、成功することがあるのがそもそもすごいと思ったりして。

2015-04-19_19.26.44_SONY_ILCE-7S_ISO25600_F4.0_1/4sec

SCNモード手持ち夜景(手持ちで撮影)。シャッタースピード1/4秒、ISO25600。

2015-04-19_19.27.55_SONY_ILCE-7S_ISO25600_F4.0_1/4sec

SCNモード手持ち夜景(手持ちで撮影)。シャッタースピード1/4秒、ISO25600。

飯能の夜景も撮影しました。 α7Sって明るく写りすぎるから、夜景を撮りたいときには設定が意外と難しいと思ったり。

2015-04-19_19.03.22_SONY_ILCE-7S_ISO6400_F4.0_1/2sec

これでも明るすぎる。Pモード。シャッタースピード1/2秒、ISO6400、-0.7EV。

2015-04-19_19.03.47_SONY_ILCE-7S_ISO6400_F4.0_1/10sec

まだちょっと空が明るすぎ。Pモード。シャッタースピード1/10秒、ISO6400、-0.7EV。

2015-04-19_19.09.39_SONY_ILCE-7S_ISO6400_F4.0_1/50sec

Sモード。シャッタースピード1/50秒、ISO6400、-0.7EV。

2015-04-19_19.11.51_SONY_ILCE-7S_ISO800_F4.0_1/3sec

Sモード。シャッタースピード1/2.5秒、ISO800。

2015-04-19_19.14.37_Sony_C6833_ISO2500_F2.4_1/10sec

ちなみにXperia Z Ultraのプレミアムおまかせオート。シャッタースピード1/10秒、ISO2500。

夜景撮影的にはアホみたいにシャッタースピードを早くしてみてISO102400固定で撮影してみたもの。いやぁ、試してみるものですね。1/1600秒で撮影したのは(撮れるはずがないと思っていたから)完全に操作ミスでの撮影だったんだけど、真っ黒じゃなかったのが意外でした。手ぶれを避けて撮りたいケースだと1/320秒は意外とありかもしれない。三脚を持っていないときに撮りたくなった時でも、ISO102400ならばこれぐらいいけるわけですね。

2015-04-19_19.15.52_SONY_ILCE-7S_ISO65535_F4.0_1/1600sec

Sモード。シャッタースピード1/1600秒、ISO102400。

2015-04-19_19.16.31_SONY_ILCE-7S_ISO65535_F4.0_1/320sec

Sモード。シャッタースピード1/320秒、ISO102400。

下山途中でも手持ちで少し撮影。当然ながら完全に光源がないところは真っ暗となります。わずかでも光源があれば写せる変態高感度には驚くばかりだけどね。でもさー、こんな性能は一般的に必要とは思えないわけで、ほとんど需要がないだろうから、後継機が出ることってあるんですかねぇ……とか思ってしまうんだ。将来スマートフォンにまでこれぐらいの性能が来たらえらいことになりそうだけど、ないだろうなぁ。

2015-04-19_19.31.41_SONY_ILCE-7S_ISO25600_F4.0_1/4sec 2015-04-19_19.32.30_SONY_ILCE-7S_ISO25600_F4.0_1/4sec 2015-04-19_19.36.11_SONY_ILCE-7S_ISO12800_F4.0_2.500sec 2015-04-19_19.38.50_SONY_ILCE-7S_ISO12800_F4.0_3.200sec

下山後はラッピングバスを撮影してみました。1号車が活躍しているのを見たのは久しぶりかも。

2015-04-19_20.15.36_SONY_ILCE-7S_ISO12800_F4.0_1/40sec 2015-04-19_20.16.03_SONY_ILCE-7S_ISO12800_F4.0_1/30sec

 

 

 

 

 

sponsored link

コメントを残す

投稿の月別アーカイブ



sponsored link

カテゴリー