LostTechnology Blog

気になる製品やニュースと株式投資などをなんとなく書き綴ります。でも戯言や写真が多くなりそう。旅行先を検討中の方は写真が参考になれば幸いです。なお、当然ながら文章および写真の無断転載はお断りしています。使いたい場合には事前にContactからご相談ください。掲載している写真はサーバーのファイル容量節約のために長辺1920pixel以下に抑えています。

常時携帯する三脚を探してみた

[記事公開日]time 2015/04/25

Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B常時携帯可能で、カメラを撮影したい方向に固定さえできればよくて。可能な限りコンパクト三脚がないかなと思っていたんですよね。α7S(ILCE-7S)は暗闇でも撮れるんだけどケースによっては手持ちだとブレちゃうんで……。

今回もしかすると使えそうなものを見かけたので試しに購入してみたものが「PIXI MINI TRIPOD」です。撮影機材が1kg(※)まで大丈夫というのならば、α7S(ILCE-7S)もレンズによってはいけるはずってことで試してみようかなと。カメラを地面に置くのでは角度が固定されちゃって目的の角度ではなくなってしまいますしね。

※ 最大カメラボディ650g、最大合計重量1kgとの記載あり。

たぶん、本製品は185×50x55mmほどで重さ600gぐらいって感じでしょうか。コンパクトで軽量なので、これならば服装や登山などの装備によってはポケットに入れて出かけられますよね。自分は出かけるときに使うザックに入れて持ち運ぶつもりなんですけれど。

気になったのは、α7S(ILCE-7S)に運用的(自分の機材的)にメインとなる本気広角レンズのSEL1635Zで使えるのかということでした。実際に設置して30分ほど放置しておいてみたんだけど、安定していたので運用上問題なさそう。これならば軽量コンパクトさという特長を活かして常時持ち運んでいれば、撮影チャンスが増えるなと思うので、この製品の購入という選択は間違っていなかったんじゃないかと思いたい。

 

sponsored link

コメントを残す

投稿の月別アーカイブ



sponsored link

カテゴリー