和歌山県の椿山ダム

切目川ダムの試験放流を見に行ったあとは、椿山ダムへと向かいました。上流の右岸側からの到着となります。実にここで自分はダムカード49枚目です。うはぁ……。

椿山ダム

堤体に到着する前にダム湖にかかる吊り橋があったので立ち寄りました。材質的に安定しているのかと思いきや、意外と揺れたというね。そしてなにやらヤッホーポイントなるものが。日本一とかいっているけれど、これっていった者勝ちのような気がする(笑)。時計のある広場があり、遠くには展望台が見えました。

2015-01-28_11.03.31_SONY_DSC-HX60V_ISO80 2015-01-28_11.04.02_SONY_DSC-HX60V_ISO80 2015-01-28_11.05.52_SONY_DSC-HX60V_ISO80 2015-01-28_11.06.09_SONY_DSC-HX60V_ISO80 2015-01-28_11.09.51_SONY_DSC-HX60V_ISO80 2015-01-28_11.12.13_SONY_DSC-HX60V_ISO802015-01-28_11.12.42_SONY_DSC-HX60V_ISO80 2015-01-28_11.13.09_SONY_DSC-HX60V_ISO80 2015-01-28_11.16.58_SONY_DSC-HX60V_ISO80_2 2015-01-28_11.18.28_SONY_DSC-HX60V_ISO80

左岸側の遊歩道を進んでみると管理所のほうへ抜けられました。が、これは歩きすぎ……。しかし、不思議だったのは広場とか周囲が木々に遮られていてダム湖を見られないことかなぁ。見られるようになっていないんじゃ、あまり訪れる人がいなくて整備するコストに地元の財政圧迫されちゃうんじゃないのかと心配。遊歩道を歩いた先にダム湖のほうに下りる遊歩道があったので、ちょっと進んでみましたが、木々の合間からゲートを少し見られるだけで厳しかったっす。

2015-01-28_11.19.02_SONY_DSC-HX60V_ISO80 2015-01-28_11.19.24_SONY_DSC-HX60V_ISO80 2015-01-28_11.24.46_SONY_DSC-HX60V_ISO640 2015-01-28_11.25.23_SONY_DSC-HX60V_ISO100 2015-01-28_11.27.18_Sony_SO-04F_ISO80 2015-01-28_11.27.59_SONY_DSC-HX60V_ISO250

吊り橋のほうに戻って管理所へ向かいます。途中、正面からゲートを見られると思った場所がありましたが、人の脳内補正でよく見えていただけで、実際に見てみると木の枝が邪魔というお約束(笑)。ちゃんと開けた部分がありましたが、危ないので車内から1枚撮っただけ。そこの写真は完全に逆光だったので、写真写りがよろしくなかったんですが、補正して実際の見た目(見た記憶に近い状態)に調整しました。左岸下流側から撮影した写真がこの椿山ダムでのベストショットだったかもしれません。

2015-01-28_11.41.06_SONY_DSC-HX60V_ISO80 2015-01-28_11.41.19_SONY_DSC-HX60V_ISO80 2015-01-28_11.42.35_SONY_DSC-HX60V_ISO80 2015-01-28_11.45.36_SONY_DSC-HX60V_ISO80 2015-01-28_11.46.45_SONY_DSC-HX60V_ISO80 2015-01-28_11.50.07_SONY_DSC-HX60V_ISO80 2015-01-28_11.50.53_SONY_DSC-HX60V_ISO80_2 2015-01-28_11.51.08_SONY_DSC-HX60V_ISO80 2015-01-28_11.51.24_SONY_DSC-HX60V_ISO80_3 2015-01-28_11.54.00_SONY_DSC-HX60V_ISO80 2015-01-28_11.55.49_SONY_DSC-HX60V_ISO80 2015-01-28_11.56.12_SONY_DSC-HX60V_ISO80

近場で昼食を取って次の目的地の広川ダムへと向かいました。展望台へは階段を見て断念。いやー、無理でしょう、これ。だって突然だったから前日に寝てなかったんですもん。登ってみたい気はしたけど、そんな体力なかったよぉ~。

2015-01-28_12.28.56_SONY_DSC-HX60V_ISO125 2015-01-28_12.55.52_Sony_SO-04F_ISO50

コメントを残す