LostTechnology Blog

気になる製品やニュースと株式投資などをなんとなく書き綴ります。でも戯言や写真が多くなりそう。旅行先を検討中の方は写真が参考になれば幸いです。なお、当然ながら文章および写真の無断転載はお断りしています。使いたい場合には事前にContactからご相談ください。掲載している写真はサーバーのファイル容量節約のために長辺1920pixel以下に抑えています。

冬の砂川掘がローカルニュースになるとは……

[記事公開日]time 2018/12/14

冬の砂川掘がローカルニュースになるとは……

桜の季節でもないのに、なぜか砂川堀が検索されて関連記事の表示回数が多くなっていたので、なんだろうと不思議に思っていました。そんな時に、近所の小手指2丁目で事件 icon-question-circle のニュースがあるとのメッセージが名古屋の友人から届きました。

用水路ってどこだろうと気になったわけだけど、ニュース記事を読んで砂川堀であることを知りました。なるほどね。それで検索してこのBlogの堀川堀関連の記事表示回数が増えていたということでしたか。

12日午前11時半ごろ、所沢市小手指町2丁目の用水路内で、女性があおむけに倒れているのを、付近を捜していた警察官が発見し、119番した。女性は搬送先の病院で死亡が確認された。
(中略)
何らかの原因で落下したとみられるという。用水路は深さ約2.5メートル、幅約3.6メートルで、水深約20センチ。フェンスやガードレール、植え込みで囲まれていた。

小手指町2丁目というのでおおよその位置を把握。訪問した場所を記録するチェックインアプリの「Swarm」で、堀川堀のしだれ桜が登録されている場所が小手指町2丁目だったと思うので。

うーん、それにしても堀川堀ってニュース記事の中にも記述があるけれど、フェンスとガードレールがあるから普通は入り込めないんですよね。それにコンクリートな川で、普段は横幅50cmあるかないか、水深も20cmもない程度で流れも遅いから溺れようもないと思う。命にかかわるような危険な場所だなんて考えたこともなかったですね。両岸は道路を挟んで住宅街だから、事件性もなさそうなので事故のような気がする。

どのような場所なのかを友人に伝えるべく、夕方に撮影をしてきました。上流の砂川堀北野調整池のほうから向かいます。この砂川堀北野調整池が満水にならなければ、流量はたいしたことはない川なのですけれど。西武池袋線の下を通る地下通路(大雨時は水路になることもある)を通って、小手指町2丁目へ歩きました。フェンスかガードレール、もしくは両方で必ず囲われているから、転落することなんか普通はあり得ないと思う。どういう状況だったのか気になります。あと、堀川堀に沿って歩いていたら、撮影と聞き込みをしている報道関係者らしき2人がいました。それで現場の位置もだいたい把握してしまった💦

sponsored link

コメントを残す

投稿の月別アーカイブ



sponsored link

カテゴリー