LostTechnology Blog

気になる製品やニュースと株式投資などをなんとなく書き綴ります。でも戯言や写真が多くなりそう。旅行先を検討中の方は写真が参考になれば幸いです。なお、当然ながら文章および写真の無断転載はお断りしています。使いたい場合には事前にContactからご相談ください。掲載している写真はサーバーのファイル容量節約のために長辺1920pixel以下に抑えています。【申し訳ありませんが、使用しているテーマの不具合でコメントはスマートフォンからしかできなくなっているようです】

拡張機能の干渉

[記事公開日]time 2012/04/02
[最終更新日]time 2018/09/20

Google Chromeがこのところ動作がおかしくなっていて困っていたんですよね。

簡単にいえば、拡張機能が画面に表示するものがひどくズレた位置になったり、表示されなかったり。

Chrome ウェブストア – Scroll to top/bottom

例えば、この閲覧中のページの最上部・最下部へスクロールさせる拡張機能のアイコンを画面中央右端へ表示するようにしているわけですけれど。

中央右ではなく、閲覧中のページ全体の中央右端に表示されるようになって、使い物にならなくなっていたわけです。

表示されている画面内にアイコンがないと意味がない機能になっちゃいますからね。

困ります。

 

Google Chromeのアップデートで動かなくなったのか、それとも別の拡張機能と干渉しているのかを調べてみました。

シークレットウィンドウでScroll to top/bottomだけ有効にしてページージを開き、問題の切り分けを実行。

普通に動いたので、別の拡張機能との干渉ということが確定です。

最近入れた拡張機能といえば、iPhoneでの表示をエミュレートしてくれる iPhone Emulator だったなぁ。

機能を無効にしてみたところ、干渉がなくなってほかに影響を受けていた拡張機能も無事普通の動作に戻りました。

うーむ、忙しくて検証をする時間が取れない時に拡張機能を入れるのはよくなかったなと反省。

sponsored link

コメントを残す

投稿の月別アーカイブ



sponsored link

カテゴリー