どこでもモンスターパレードを再始動した話

この記事を読むのに必要な時間は推定で最大約2分53秒で、速読ですとその半分ぐらいです。

サービス開始直後にAndroid版の『ドラゴンクエスト どこでもモンスターパレード』を遊んでみて、やたらとバイブストレージの容量を消費するのと、処理が重いなっていうのがあって数日遊んだだけで引退していたのですが、今だとどうなのかなってことで、もう1度遊んでみるかと思ったわけであります。

今回はAndroid版ではなくiOS版で再始動。ブラウザ版のほうを再プレイし始めたら、いろいろ忘れていたんで、モバイルのほうに乗り換えるのもありだろうという話ですね。動作的にはリリース直後の時よりもかなり改善されていていいですね。長期的な継続プレイを自分がするかはわかりませんが💦

たんけんでモンスター強化ってことで、S独眼魔、Aシルバーデビルと使えるモンスターが早い段階で仲間になり、Aキラーマシン、SS強ワルぼう、SS強わたぼう、と揃って大躍進となっていきました。このゲームは引きがいいなぁ(笑)。もちろんスラリンは最初にレベル上限に到達して、馬車の中から後輩モンスターたちを指導しています(たぶん)。メタルラッシュでがっつりと経験値を稼いでレベル上げをしていく急速錬成。

昔に体験した厳しいシーンが短期間で追体験できるというのがなんとも。荒れ地のクエストでは「恋のサンドストーム」の目的地が出なくて、当時遊んでいた仲間と「どこへいけばいいんだろう?」って悩んで手分けして探索をした時の記憶が甦ったし、ミミック退治では、「宝箱がそもそもあまり出ないよな~」「出てきてもたいてい普通の宝箱だし」「ミミックが出てくるまで3日」ってお約束が今回も繰り返された(笑)。ミミック出ないな~って気分転換で別のクエストをしていると対象外のルートでミミックが出て絶望するとかあるわけです(苦笑)。そんな感じでこの先も厄介な展開があったような気がするけれど、ハマったらどうにか思い出して突破できると信じたい。

なお、全然わからない状況下で、いきなり加入したチームのMVP(新人王、討伐隊長、パレード隊長、スカウト隊長、レベル上げ隊長、たねあげ隊長、ふくびき隊長)になってしまい、なんでそんなに……って感じでいろいろ獲得していました。まあ、もうサービス開始から2年半ぐらいだと思いますし、今ごろガッツリとプレイするなんて、自分ぐらいなのかもしれないのかな。

© 2013-2018 ARMOR PROJECT / BIRD STUDIO / SQUARE ENIX All Rights Reserved. © SUGIYAMA KOBO

コメントを残す