LostTechnology Blog

気になる製品やニュースと株式投資などをなんとなく書き綴ります。でも戯言や写真が多くなりそう。旅行先を検討中の方は写真が参考になれば幸いです。なお、当然ながら文章および写真の無断転載はお断りしています。使いたい場合には事前にContactからご相談ください。掲載している写真はサーバーのファイル容量節約のために長辺1920pixel以下に抑えています。【申し訳ありませんが、使用しているテーマの不具合でコメントはスマートフォンからしかできなくなっているようです】

第66回小川町七夕まつり花火大会

[記事公開日]time 2014/07/29

データはいつ来るのかなと待機状態だった26日。もう来ないなと判断できるライン(16時)を越えたので、花火大会を見に行ってみようと出発したのであります。

2014-07-26_17.16.23_Sony_C6903_ISO5026日は大物だと普通に隅田川花火大会なんだろうけれど、そこは見に行ったことがあるわけで。見に行ったことのない花火大会に行きたいと思ったわけですね。立川と小川町で悩んだものの、最終的に小川町へといきました。

本川越駅から川越市駅までの移動では、祭があってあまりにも人が多くて、「やばい、ナビのスケジュール通りに到着できるのか?」などと思っていたんだけど。悲しいことに、その区間の移動中に川越の方にガムをペッとやられてザックに……。ひどい目に遭ってしまいました。もう可能ならば川越は回避するルートを選びたいと思うまでに印象悪化したという。観光客を呼び込む祭でこれは、地域の努力を1人がすべてを台無しにする行為。いただけませんねぇ。

まあ、川越は今回関係ないんで、さっさと川越市駅から東武東上線で小川町へ。初めてこの駅で降りましたよ。アニメ『のんのんびより』のモデルになったあの分校がある町です。今回は祭を見に来たわけですけどね。花火の打ち上げ場所は、アニメ10話で初日の出を見に行っていた見晴らしの丘公園だったりします。思っていたよりも祭を見に来た人が多くて、小川町駅の改札を通過するまでにかなりの時間がかかってしまいました。

2014-07-26_18.01.23_Sony_C6903_ISO50 2014-07-26_18.04.17_Sony_C6903_ISO80 2014-07-26_18.07.36_Sony_C6903_ISO50 2014-07-26_18.08.01_Sony_C6903_ISO50

駅から祭のメイン通りをウロウロ。いい感じに祭の雰囲気を楽しみました。

2014-07-26_18.12.26_Sony_C6903_ISO50 2014-07-26_18.12.54_Sony_C6903_ISO50 2014-07-26_18.14.56_Sony_C6903_ISO50 2014-07-26_18.16.48_Sony_C6903_ISO50

2014-07-26_18.18.32_Sony_C6903_ISO100 2014-07-26_18.19.16_Sony_C6903_ISO50 2014-07-26_18.22.12_Sony_C6903_ISO50 2014-07-26_18.22.45_Sony_C6903_ISO50

そして、「やべぇ、これは気合い入りすぎていてビビったじぇ」というものを目撃。2日間の祭のためだけにここまでやりますか! これまで見に行ったことのある祭の中で一番のインパクトを受けたのは間違いなし。結構でかい。どうやって作ったのだろうか。通りかかった時に祭が終わったら解体とか聞こえてきたし、すごすぎるっ。これは次回も見に行ってみたいと思わされますね。すごいと思ったので、動画も撮影してあります。

2014-07-26_18.32.40_Sony_C6903_ISO50 2014-07-26_18.31.44_Sony_C6903_ISO50 2014-07-26_18.32.29_Sony_C6903_ISO50

祭を堪能したところで、花火大会の19:15より5分ぐらい前に到着するように、小川町立小川小学校下里分校へと歩いて行きました。徒歩30分ぐらいですかねぇ。徒歩1時間以内ならばたいした距離じゃないとか思っているんですが、遠いよとかいわれることも多くて30分ぐらいって微妙な距離なのかも。

下里分校はアニメ『のんのんびより』のモデルとなった分校ですね。花火大会で打ち上げ場所となっている見晴らしの丘公園(アニメ10話で初日の出を見た場所)から直線距離で約600~700mぐらいでしょうか。混んでいたらどうしようと思いつつ向かいました。

2014-07-26_18.42.37_Sony_C6903_ISO64 2014-07-26_18.54.17_Sony_C6903_ISO200 2014-07-26_18.54.22_Sony_C6903_ISO640 2014-07-26_18.58.10_Sony_C6903_ISO500 2014-07-26_19.01.03_Sony_C6903_ISO800 2014-07-26_19.02.43_Sony_C6903_ISO250 2014-07-26_19.04.28_Sony_C6903_ISO800 2014-07-26_19.06.32_Sony_C6903_ISO800

初めて見た下里分校。おおおっ、これはいい雰囲気。でも今回は花火が見えるのかどうかが重要なわけですが……。花火大会の5分前となる19:10頃は、自分以外は校庭内にわずか2人のみ。やばい、ここはよく見えない場所なのかと少々焦らされました。急速に暗くなっていき最初の花火が打ち上げられました。それをみて撮影ポイントの選定を開始です。

2014-07-26_19.08.22_Sony_C6903_ISO1000 2014-07-26_19.09.32_Sony_C6903_ISO800 2014-07-26_19.10.47_Sony_C6903_ISO1600 2014-07-26_19.11.46_Sony_C6903_ISO1600    2014-07-26_19.58.18_Sony_C6903_ISO2000

三脚に固定していてXperia Z1(C6903)は自由に使えないので、久々にXperia GX(SO-04D)にて撮影をしてみました。意外といけますね。

2014-07-26_20.17.52_Sony_SO-04D_ISO1600 2014-07-26_20.18.01_Sony_SO-04D_ISO2000 2014-07-26_20.18.08_Sony_SO-04D_ISO2500

ちなみに暑くて汗だく状態なので、Xperia GXのレンズに汗がついてまともに撮れない状態になっていたりするわけです。そのような場合にどのようになるのかを実例を挙げておきましょうか。

まずは水滴となって付着した状態での撮影結果。

2014-07-26_19.43.37_Sony_SO-04D_ISO2500 2014-07-26_20.17.35_Sony_SO-04D_ISO640

続いて拭き取っても汚れたレンズのままだとどうなるかという撮影結果。2枚目のほうは、Xperia GXの撮影結果に出している1枚目の写真の直前のものなので、レンズをきれいにするだけでどれほど写真の写りが変わるのかがわかるかもしれません。マイクロファイバーなお手入れグッズは常に携帯しておきたいですね。

2014-07-26_20.17.48_Sony_SO-04D_ISO2500 2014-07-26_20.17.57_Sony_SO-04D_ISO2500

三脚まで持ち込んで、久々に撮る気だろうって言われそうなわけですが、動画のほうはYouTubeで用意しました。予想外だったのは、録画ファイルサイズが4GBになったらXperiaでの録画が勝手に終了してしまったこと。うん、ファイルシステムの制約なわけですが、普通は自動分割をするところ。Xperiaは分割をせずに録画終了という、ユーザー視点からするとひどい仕様になっていますね。わかってしまえば対応は適度に録画終了と録画再開をするだけなんだけどね。ふぅ、それにしても、この花火大会での録画データが8GBもあったとは驚いたよ(笑)。では、Xperia Z1(C6903)で録画した動画データをいきます。花火大会の公称が1800発なので、打ち上げ間隔が長いのはあらかじめご了承を。

大物の花火が打ち上がるたびにわずかに分校が見えるってのがいいですね。花火メインだと稜線の関係でここよりも市街地との中間ぐらいがよく見えてよさそうかな。本校の校庭は臨時駐車場になっていたし、そのあたりのほうはかなり混んでいたので、予想はたぶん間違っていないと思う。初めて行く花火大会はいろいろ難しい感じがするかな。でも、ベストポジションじゃなくても、周りにあまり人がいない穴場的スポットから見る花火もいいよね。

[amazonjs asin=”B00ED5SYW4″ locale=”JP” title=”サンワダイレクト iPhone・スマホ三脚ホルダー スマートフォンアタッチメント 90度回転 200-CAM025″][amazonjs asin=”B000IB14LA” locale=”JP” title=”サンワサプライ マルチスタンド(4段タイプ) DG-CAM10″]

sponsored link

コメントを残す

投稿の月別アーカイブ



sponsored link

カテゴリー