LostTechnology Blog

気になる製品やニュースと株式投資などをなんとなく書き綴ります。でも戯言や写真が多くなりそう。旅行先を検討中の方は写真が参考になれば幸いです。なお、当然ながら文章および写真の無断転載はお断りしています。使いたい場合には事前にContactからご相談ください。掲載している写真はサーバーのファイル容量節約のために長辺1920pixel以下に抑えています。

iPhone XS Maxの急速充電をしてみた

[記事公開日]time 2018/10/11

iPhone XS Maxの急速充電をしてみた

遠出をして、07:00~19:45まで充電なしでiPhone XS Maxを運用していました。出発時にはバッテリー残量は100%で、帰宅して買い出しから戻った時には19%という状態です。

これはUSB PDで充電をするのにちょうどよい状態。そういうことなので、今回はUSB PD対応の充電器「Anker PowerPort I PD – 1 PD & 4 PowerIQ【Power Delivery対応 60W 5ポート USB-C急速充電器】」から、Apple純正の「USB-C – Lightningケーブル(1 m)」でiPhone XS Maxを急速充電をしてみた結果です。

※Apple純正ケーブル以外は2018-10-11時点では急速充電ができません。過去のiOSではできるケーブルがあったようですが。MFi認証じゃないケーブル詐欺に遭わないように、現時点では個人的にApple Storeからの購入をお薦めしたいところです。

  • 20:22 19%
  • 20:29 30%
  • 20:45 57%
  • 20:55 72%
  • 21:07 78%
  • 21:31 92%
  • 21:55 98%
  • 22:00 100%

うちの環境での結果は以上のようになりました。気がついた時にチェックをしていたので、時間の間隔がバラバラで申し訳ありません。インストールしているアプリが消費する電力によって充電時間は変わってくるのでしょうけれどね。

結果を見た感じでは、75%程度までは急速充電になっていて、その後は通常の充電に切り替わる仕様でしょうか。バッテリー残量が20%を切って赤表示になったら充電したら、これに近い結果になると思われます。

約30分で50%近く充電できるというのは運用が楽になりますよね。ただ、充電時に撮影してきた写真をWi-FiでGoogleフォトにバックアップが行なわれていたので、バックグラウンドでアプリが動作していなかったら、もうちょっと早く充電できた可能性もあります。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

カテゴリー