LostTechnology Blog

気になる製品やニュースと株式投資などをなんとなく書き綴ります。でも戯言や写真が多くなりそう。旅行先を検討中の方は写真が参考になれば幸いです。なお、当然ながら文章および写真の無断転載はお断りしています。使いたい場合には事前にContactからご相談ください。掲載している写真はサーバーのファイル容量節約のために長辺1920pixel以下に抑えています。

iPad mini 4をiOS12にアップデートしてみた

[記事公開日]time 2018/09/19

iPad mini 4をiOS12にアップデートしてみた

iOS12が公開されたので、うちのiPad mini 4をさっそくアップデート実行です。初日のアップデートは危険と思いながらも、ついついやってしまうんですよねぇ。

Wi-Fiなのにダウンロードに5分(公開直後の時間帯にチャレンジしたので混んでいた!?)、アップデートの検証で15分、その後のアップデート実行から再起動して使えるまでが10分と、合計で約30分ほどの時間が経過しました。もうiPad mini 4は古いですから、新しい端末だと処理性能的にもっと早く終わるんでしょうし、インストールしているアプリの種類や数によっても時間は変わるんじゃないかと思われます。余裕を持ってアップデートしないと使いたいときに使えない状況になるかもしれないので、これからアップデートをする場合はご注意ください。

※ちなみに2018-09-18時点では、au系モバイルネットワーク(au/UQ mobile/mineoなど)だと、iPhone 5sをiOS12にするとSMS/MMS/データ通信で問題が起こっているようなので、アップデートをする前にしばらく様子見が必要そう。


アップデート完了後は、まず遊んでいるゲームの動作チェックをしてみました。現在はゲームは以下の3つしか遊んでいませんが、いずれも問題は感じられません。普段使っているゲーム以外のアプリも今のところはアップデートによる影響はなし。ひと安心です。なお、iOS12で処理速度が向上って項目がありますが、これらのゲームではまったく処理速度の向上は体感できませんでした💦

 


最初からiOS12になっているiPhoneは、21日発売のiPhone XR/XS/XS Maxなのでホームボタンなし。画面最下部から上にスワイプをすることで、従来機種でもiOS11でホームボタンを押したのと同等に近い動作となります。アプリの実行中ならばホーム画面へ、ホーム画面の表示中ならばタスクの切り換え画面に切り替わる仕様。自分はiPhone Xを店頭である程度触っただけでしかないけれど、その動作仕様の延長上にある感じでしょうかね。

ただ、それではコントロールセンターは表示されず、完全にタスク切り替え用途のみ。コントロールセンターのクイックアイコンの表示は画面右上のほう(iPhone X系のノッチより右ぐらいになる部分あたり)からの下スワイプに変わっているので要注意。ホームボタンありの機種でも、ホームボタン2度押しではタスクの切り換えだけになっているので戸惑う人がいるかと思われます。通知は画面左上のほうからのスワイプダウンで表示が可能です。

ノッチ対策で画面上部の通知アイコンの配置位置が変わっているんで、そこは最初のうちは慣れないかもしれません。


iOS12ではセキュリティーアップデートも結構含まれているため、今すぐにとはいえないけれど、最終的にはアップデートをするべきではないかと。使っているすべてのアプリがiOS12に対応していることを確認できた段階でのアップデートがいいんじゃないかな。


アップデート初日で気になった設定部分は3つほどでしょうか。追跡型広告を制限する設定とすでに入り込んでいるADID(Advertising ID)の削除がありますね。新たに実装されたスクリーンタイムでは、どんなジャンルをどれだけ使っていたのか時間を確認できるし、使用時間の制限をかけたり自分の位置情報の共有などを禁止できたりします。バッテリーの項目では、過去24時間以内などの範囲でバッテリー残量の変化と消費したのはどのアプリなのかを確認できるようになりました。しかし、画面オンと画面オフの時間が明らかに合っていないような気がするんですが……。09:00~22:00なのに合算してもはるかに時間が足りませんよね。しかも、不眠症でボロボロになっていた直後の日だったので、久々に爆睡していたから画面オフが5分ってあり得ない💦 おそらくもっと少なかったはず。それぐらいくたばっていました💦

もしかしてバックグラウンドでアプリが動くとどちらにも入らない時間帯や使っていた時間として処理されているんでしょうかね? それともiOS最新版公開時にありがちなバグだったのかな?


個人的にはiPadにこれまでなかったと思う株価アプリの追加がありがたいです。株価のチェックが楽になる。まあ、株価のチェックをするならばAndroid端末を使って、ウィジェットで画面全部株価チャートの表示にしておいたほうがわかりやすいんだけどね。もう5年ぐらい使っているSonyのAndroidタブレット端末Xperia Tablet Zも併用しているんで、そちらがまだまだ死なないことを願うのみです。

iOS12については、ASUSのAndroid端末ZenFone3 Ultraのタッチパネルが半死したためにまともに使えなくなり、消去法で後継機をiPhone XS Maxに選定したので、そちらが手元に届いたらまた色々試してみる予定。それにしても端末価格が高くなりすぎてきて、使っている端末がまだ正常に動作していれば(格安SIM契約なら特に)新機種の購入をためらう人たちが増えそうなので、今後どのようにみんなの使い方(契約)が変わっていくのか気になります。変わらなかったりして……。

(目が悪い自分の場合は、結構前のSonyの6.44インチ端末Xperia Z Ultraでありがたさを実感したため、最低でも約6.5インチサイズで胸ポケットに入る端末を求めているから、いざ買い換えが必要となった際に購入できる選択肢が少ないんですよね……💦)

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

カテゴリー