LostTechnology Blog

気になる製品やニュースと株式投資などをなんとなく書き綴ります。でも戯言や写真が多くなりそう。旅行先を検討中の方は写真が参考になれば幸いです。なお、当然ながら文章および写真の無断転載はお断りしています。使いたい場合には事前にContactからご相談ください。掲載している写真はサーバーのファイル容量節約のために長辺1920pixel以下に抑えています。

TMPGEnc Video Mastering Works 6.2.8.35に更新

[記事公開日]time 2018/04/27
[最終更新日]time 2018/04/28

どうも意図したようなデータができないというか、どうしてそんなデータになってしまうのかとAVIUTLからの出力で戸惑いまくって、「TMPGEnc Video Mastering Works 6」を経由してエンコードを行なおうと考えたわけです、はい。再エンコードで画質は若干低下するだろうけれど……。

さあ、変換をするぞって気合を入れてアプリを起動したわけですが、やる気をそらされるアップデートがあるよ表示(苦笑)。変換の前にアップデートを行なうこととなりました。

  1. 120%以上のDPI環境で、一部の画面表示、レイアウトがおかしくなる問題を修正しました。
  2. タイムラインモードで、[レイヤー内の全クリップを前につめる] オプション を使用すると、隙間が発生する場合がある問題を修正しました。
  3. AMD Ryzen 2000 シリーズのCPU環境で、AMD Media SDK H.264 エンコーダーを使用すると、出力設定に依存して、フレームレートが正しく出力されない場合がある問題を修正しました。
  4. その他、細かい修正を行ないました。

ふむぅ、DPIはいじっていないから自分の環境的には問題はないなぁ。ほかの問題も見た感じではうちの環境では起こっていないと思う。Ryzen環境はないからそれはわからないのだが……。まあ、アップデートしておいたほうがいいのは間違いありませんけれど。

とりあえず、うちの動画編集関連で最後の砦ともいうべきアプリなので、バグが減るのはものすごく歓迎すべきことだったりします。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

カテゴリー