LostTechnology Blog

気になる製品やニュースと株式投資などをなんとなく書き綴ります。でも戯言や写真が多くなりそう。旅行先を検討中の方は写真が参考になれば幸いです。なお、当然ながら文章および写真の無断転載はお断りしています。使いたい場合には事前にContactからご相談ください。掲載している写真はサーバーのファイル容量節約のために長辺1920pixel以下に抑えています。

謎現象で動画変換でハマった

[記事公開日]time 2018/04/27

謎現象で動画変換でハマった

普段のデータとは異なるデータをmp4に変換してみたところ、音声と映像がずれるという5年以上ぶりぐらいなんじゃないかというゴミデータができあがってしまいました。手順的にはいつものように「TMPGEnc MPEG Smart Renderer 5」でカット編集後の「AVIUTL+拡張x264 出力(GUI)Ex」だったんですけれど、元データが29.97fpsなのになぜか60fpsで出力されて音声と映像がずれていくという……。

カット編集をして出力したmkvファイルでは音はズレていないんですよね。出力されたデータが特殊でおかしくなっているのかを検証するために「XMedia Recode」でmp4に変換してみると、音はズレないし29.97fpsのままで変換されたので、その出力データを「AVIUTL+拡張x264 出力(GUI)Ex」でmp4に再エンコードしてみたらまた60fpsになっている💦

なにこのハマり?💦

AFS(Auto Field Shift)のバグかなと、「TMPGEnc Video Mastering Works 6」で24fps化をして、そのデータを元にAFS未使用で「AVIUTL+拡張x264 出力(GUI)Ex」から出力して無事になんとかmp4データのできあがり。

これまで発生したことのないトラブルだっただけに、結構時間を吸われるという結果になりました。AVIUTL側の設定はAFSあたり以外は何もいじっていないんだけど、異なる結果になるってことはAFSに特定条件下で60fpsになるバグがあるってことなのかなぁ。手強いデータだった。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

カテゴリー