LostTechnology Blog

気になる製品やニュースと株式投資などをなんとなく書き綴ります。でも戯言や写真が多くなりそう。旅行先を検討中の方は写真が参考になれば幸いです。なお、当然ながら文章および写真の無断転載はお断りしています。使いたい場合には事前にContactからご相談ください。掲載している写真はサーバーのファイル容量節約のために長辺1920pixel以下に抑えています。

DJI Mavic Proの修理の流れ

[記事公開日]time 2017/02/11
[最終更新日]time 2017/04/07

DJIストア新宿を見に行ったときに修理に出していたMavic Proの修理見積が出てきました。覚悟していた金額よりは安いようなのでホッとした感じであります。とはいえ、しばらくいろいろ節約しないといかんなって思ったり💦

とりあえず、今回自分が修理に出してみた際の流れを報告しておきます。自分はMavic Proですが、DJIのほかのドローンでも同じ流れになるんじゃないでしょうか。技術料はおそらく機種によって異なると思う。日数的な部分は、修理依頼の混み具合や休日で変わってくるかと。今回は中国の旧正月の時期だったから影響を受けているはず、たぶん。

  1. DJIリペアセンターへ発送(今回はDJIストア新宿で修理依頼受付)
  2. 約1週間後に「DJI 修理品受け取りのお知らせ」のメールが届く(ケースナンバーと到着品リストが記載されていて、ケースナンバーを利用して「https://repair.dji.com/jp/support/RepairTrace」から修理の進行状況を確認できるようになる)
     
  3. さらに1週間後「お見積り結果のお知らせ」のメールが届く(修理の進行状況を見ると修理個所の写真を見ることができる模様)
     
  4. 見積金額で問題がなければ指定されたメールアドレスに修理の続行を依頼するメールを送信
  5. 修理対応開始のメール返信が届く
  6. また1週間後に修理テストへと進む
  7. 修理テストの翌日に佐川急便で発送される
  8. 代引きで修理費を払って完了

以上のような流れで、今回は修理を終えて戻ってきました。機体のカバーを交換することになったからか、Mavic Proの製品番号が変わったため、速やかにDJI無償付帯保険の登録情報を変更する手続きをするよう指示があったことを記しておきます。

とりあえず、DJIストア新宿を経由しないで直に自分の元に返送されてきたので、近々DJIストア新宿を訪れて箱の返却と依頼時のリペアセンターへの送料支払いをしてこなくては。店舗に行ったら予備プロペラを買ってこようかと思います。しかし、店舗じゃないのに箱が2つ並ぶとかなかなか見ることはできないような気がする……。あと、カメラ部のカバーに謎の部品の破片 icon-question-circle が入っていたのが謎。これはなんだろう?

とても安定しているドローンだから、もう1回墜落するなんてことはないと信じたいところ。突然の強風に見舞われない限り……。そんな不運が続いてたまるか💦 風はどうにもならないけど、バードストライクでドローンが墜落した人もいるようなので、鳥の多いところは早めの回避行動をするように気をつけないと。

sponsored link

コメント

  • とても参考になりました。

    by 匿名 €2017年4月7日 5:16 PM

down

コメントする






sponsored link

カテゴリー