LostTechnology Blog

気になる製品やニュースと株式投資などをなんとなく書き綴ります。でも戯言や写真が多くなりそう。旅行先を検討中の方は写真が参考になれば幸いです。なお、当然ながら文章および写真の無断転載はお断りしています。使いたい場合には事前にContactからご相談ください。掲載している写真はサーバーのファイル容量節約のために長辺1920pixel以下に抑えています。

幻の有間ダムカレーは実在していました!

[記事公開日]time 2016/02/13
[最終更新日]time 2016/02/14

有間ダムの湖畔にあるレイクサイドテラス名栗湖でダムカレーの提供が始ったのが確か2015年の6月だったと思います。提供開始当時のニュースリリースでは、土日限定な上に10食限定という目にすることが困難そうなレアなダムカレーとなっていましたが、開店直後に行っても何かと理由がつけられて今日は作れないとかいわれていたんで、完全に幻の存在だと思っていました。埼玉県民の日に行なわれている有間ダムの見学会の時にすら注文できなかったんですもん。ニュースリリース直後にだけ提供されていたメニューだったのではないかとの噂もあった幻のダムカレー。それが「有間ダムカレー」なり。

本日は榊さんしまじろうさんまいさまーさんと有間ダム直下にあるさわらびの湯へ向かうことになりまして、自分は榊さんの車に便乗させてもらって、さわらびの湯に向かった時に「たぶん今日も有間ダムカレーは注文できないんだろうねー」と話してて、「ダメ元で冷やかすつもりでダムカレーを注文しに今日も行ってみない?」って流れになったわけです。

さわらびの湯からレイクサイドテラス名栗湖へと移動してみると、前回訪問時には引っ込められていて見なかったダムカレーのポップがあるような……。「もしや今日はやっているのか?」と期待が高まりました(笑)。ダムカレーを注文できるのか聞いてみたら、今日は有間ダムカレーあったよ。ここでためらう選択肢はありません。即注文です。感動の対面!

2016-02-13_14.07.06_SONY_DSC-HX90V_ISO250_F3.5_1/30sec

これが幻だった有間ダムカレーか……。感慨無量なり(いいすぎ)。

2016-02-13_14.09.05_SONY_DSC-HX90V_ISO80_F3.5_1/80sec

せっかくなので、オープンテラスへ移動してリアル有間ダムと撮影しちゃいましたよ(笑)。


ここまではDSC-HX90Vで撮影した写真。自分はここ最近だとGoogle+のコレクションFoods(飯テロっていわれている?)はコンパクトデジカメのDSC-HX90Vが多めなんだけど、持っていくのを忘れることが意外とあるので、今回はDSC-HX90Vを持っていくのを忘れていなくてよかったかな。だって、次はいつ有間ダムカレーを見ることかわからないしね。それにしても、見た目的には有間ダムとの関連性が見出せない。再現性が最高と思われる小河内ダムカレーとは比べてはいけないんだろうなぁ。


スマートフォンでも撮影しておいたけど。まあ、今となってはカメラ性能が世代遅れになっているXperia J1 Compact(Xperia Z1/Z1c/Z1f/A2世代)でのものなんでショボ。

2016-02-13_13.53.01_Sony_D5788_ISO50_F2.0_1/160sec 2016-02-13_14.06.36_Sony_D5788_ISO400_F2.0_1/100sec 2016-02-13_14.08.55_Sony_D5788_ISO50_F2.0_1/160sec 2016-02-13_14.09.39_Sony_D5788_ISO50_F2.0_1/200sec

以前からあったかは覚えていませんが、「期間限定」って文字があるから、有間ダムカレーを食べたい人は早めに行ったほうがよいのかもです。ただ、閉店時間も14:30ぐらいっぽいので、各種条件を総合的に見てみると、幻じゃなくてもかなりハードル高いダムカレーだなと思う……。

 

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

カテゴリー