LostTechnology Blog

気になる製品やニュースと株式投資などをなんとなく書き綴ります。でも戯言や写真が多くなりそう。旅行先を検討中の方は写真が参考になれば幸いです。なお、当然ながら文章および写真の無断転載はお断りしています。使いたい場合には事前にContactからご相談ください。掲載している写真はサーバーのファイル容量節約のために長辺1920pixel以下に抑えています。

DSC-HX60VとDSC-HX90Vを比較してみた感想

[記事公開日]time 2015/10/30
[最終更新日]time 2016/02/22

正直言ってDSC-HX60Vの性能自体は大きな不満はまったくなかったし、おそらくα7Sやα5100を買わなければそのままDSC-HX90Vにせず使い続けていたと思います。

買い換えの最大の原因は、カメラ本体のボタン機能がαシリーズとまったく違うということがあり、それによる誤操作が連発となってストレスが溜まったからだったりするんですよね。なんで同じSonyの製品で全然違うボタン配置にするんだよ。アホかとイライラさせられていたというのが大きかったという。それが改善されていたんですよ。

もっと高倍率の機種に換えずに、そのまま光学30倍の機種にしたことについては、個人的な判断ではありますが、高倍率ズームは暗くなって画質が低下していくのと手ぶれ問題から実用的には15~20倍ぐらいまでと見ておいてイイかなという実体験があるのと、光学30倍以上の機種を選ぼうとすると現状では急にボディサイズが大きくなって携帯性が劣っていくこともあり、携帯しなくなってしまうと撮影機会も失われることを考慮して最終的にDSC-HX90Vを選定しました。カタログスペックより実用性重視なのは、廃課金ゲームの東京株式市場でここ10年鍛えられたからかもしれず。昔の自分ならばカタログスペックを優先していた可能性を否定できんですからね。意外な効果かもしれんですじゃ。

乗り換えでのメリットは以下の部分かな。価格差に見合うとは思えない差だけれど。

  • カールツァイスのレンズになって、逆光時のフレアやゴーストが軽減(なくなるわけではない)。
  • 若干本体サイズが小さくなった。
  • レンズにリングが追加されて、フォーカスモードがDMF/MF時はマニュアルでのピント調整に使え、それ以外のモード時はズーム倍率調整に使える。
  • EVF(電子ファインダー)の内蔵でプレビューの液晶が見づらいときでも、EVFを使えば狙った撮影が可能(視力が絶望的に駄目な自分でもα7SのEVFは見えるんだけど、この機種はよく見えないから自分的にはEVFが役に立たない……)。
  • プレビュー用の画面が可変になって対象物の撮影角度によっては便利に。
  • 画像処理の高速化で保存が早くなった(書き込み前段階の処理で待たされるので、SDカードの書き込み速度以前の問題であって、まだ遅いと思うから、せめて連続撮影枚数を数倍増やしてほしい)。
    ※連続撮影時の保存時間がDSC-HX60Vと変わらないと感じる場合は使っているSDカードが遅くて足を引っ張られている可能性が高いです。やや高価ですが高速なUHS Speed Class 3のSDカードを試してみると世界が変わるかもしれません。自分はTOSHIBAのSD-H064GR7VW060Aを使っています。

逆にデメリットもあってなんとも微妙な感じ。

  • EV調整のダイヤル排除でMENU呼び出しが必要となりかなり面倒になった。
  • 本体キーによるズーム調整時の反応が大味になって、一番遅いモードでも思った倍率になりづらくなって使いにくくなった。
  • ズーム時の表示が光学倍率じゃなく35ミリ換算のmm表示になった(これは賛否両論あると思うけど、コンパクトデジカメやスマートフォンから入った人には35mm換算のmm表示のほうがわかりにくそう)。両方表示すればいいのに……。
  • ホットシューの廃止により、オプション品導入済みの人はそれらが使えなくなる確実にマイナスな仕様。
  • DSC-HX60Vよりも解像度の若干の低下。
  • ごく希に電源オフをしても数十秒レンズが収納されずに待たされる不具合持ち(アップデートで直ると信じたい)。

後継機や上位機種というには微妙な仕様で作ってきたなという感じなのは、競合を避けるためかな?

自分的にはカールツァイスのレンズと携帯性の向上が決定打となって乗り換えるほうにメリットを感じたので、行ってしまいましたが……。臨時収入が最大のきっかけだけど。

今のところ、順光ならば光学30倍ズームで撮影した写真では若干差が出るかなという以外の性能差は未知数。差が大きくなりそうな逆光ってそもそも撮影条件が悪いですからねぇ。あからさまな逆光ではレンズ性能差が出ちゃうけど、ある程度までの逆光ではゴーストはともかくフレアはGレンズのDSC-HX60Vも意外と健闘している感触もあったり。価格差の大きさを考えると、逆光時にどこまでがんばりを期待するかが判断基準になりそうなんだけど、そのあたりはプレミアム価格になっていそうですよね。近くの被写体ならばきっちりレフ板使うとかでも対応できそうだし。

sponsored link

コメント

  • はじめまして。
    私もレンズ収納時間について同じ事象がでる様になりました。
    購入時は電源をoffにしてから2秒ほどでレンズが収納されましたがsonyの提供する「スマートフォンシンク」と言うアプリケーションをインストールしてからレンズ収納まで7秒位かかる事象がランダムに出る様になりました。
    初期化してアプリケーションを無しにすると解消される様になりました。
    一度お試しくださいませ。

    by hx90v €2015年12月22日 1:07 PM

  • 自分はまだDSC-HX90Vにはアプリをひとつも入れていないので、アプリは影響しないと思われます。
    アプリを入れると何か問題が発生した場合の原因特定が面倒なので。
    素の状態で動作検証をしている時に確認した問題だったという💦

    by 伊織舞也 €2015年12月22日 4:32 PM

down

コメントする






sponsored link

カテゴリー