LostTechnology Blog

気になる製品やニュースと株式投資などをなんとなく書き綴ります。でも戯言や写真が多くなりそう。旅行先を検討中の方は写真が参考になれば幸いです。なお、当然ながら文章および写真の無断転載はお断りしています。使いたい場合には事前にContactからご相談ください。掲載している写真はサーバーのファイル容量節約のために長辺1920pixel以下に抑えています。

Xperia Tablet ZをAndroid4.4.4に更新

[記事公開日]time 2014/12/13
[最終更新日]time 2015/04/08

もう待っていても国内のXperia Tablet ZにはOSの更新は来ないだろうと諦め、保証外になるけど海外のXperia Tablet Zに配信されているAndroid4.4.4を入れてしまいました。最近、ほかのXperia端末とOSのバージョンが違っているから、設定項目が別の場所にあるとか、使っていると細かいところが異なっていて嫌だったんですよね。Xperia Zと一緒に使えば便利とかいって売っていたのに、Xperia Zと同じバージョンまでOSを更新せずにサポート放棄ってのがひどい話。しかも、海外版にはAndroid4.4.4を配信しているってのに……。タブレット端末はよほどのことがない限り、Sonyのを買うことはもうないんじゃないかな。

うちのXperia Tablet ZはWi-Fi版のSGP312なので、XperiFirmを使って台湾のWi-Fi版Xperia Tablet Z SGP312用のROMをダウンロード。台湾や香港など多くの海外版で配信されているのは、Build 10.5.1.A.0.283のAndroid4.4.4なのですよね。Android4.4.4があるのに日本には配信しないとか意味不明……。ダウンロード後にUnpackを自動的に行なっておきました。

XperiFirm

続いてFlashtoolからTools » Bundles » Createでpartitionだけ除外してftfファイルを作成。 稲妻icon-boltマークをクリックして作成したftfファイルを使い、データは消したくないからWipe欄はすべてチェックを解除してFlashボタンを押し、電源をオフにしてXperiaの音量 icon-minus を押しながらPCとUSBケーブルで繋いでAndroid4.4.4への更新を開始。

Flashtool

無事更新が終わったので、USBケーブルを外してXperia Tablet Zの電源をオンにします。Flash後はちゃんと起動するかドキドキものですね。

Android OSの更新なので起動時に時間がかかりましたが、言語選択画面へ到達しました。台湾のROMなので初期状態で中文が選ばれているため、日本語を選択して日本語表示に変更。ようこそ画面に進むけど、設定をAndroid4.2.2から引き継いでいるので icon-arrow-right を押して進めて行くのみ。

2014-12-13 07.38.26 2014-12-13 07.38.35 2014-12-13 07.38.46 2014-12-13 07.39.02 2014-12-13 07.39.11 2014-12-13 07.39.42 2014-12-13 07.39.52

すでに起動画面でKitKatになっているのはわかっているんですが、設定を念のために確認。

2014-12-13 07.53.44 2014-12-13 07.53.54

Xperiaホームは右上にアプリ一覧を表示する icon-th が大きく配置されています。画面上部の左半分をスワイプダウンすると通知パネル、右1/3ぐらいをスワイプダウンするとクイック設定ツールが表示されますね。とりあえず、最近のXperiaだとEメールアプリを無効化していると定期的にエラーが表示されるんで、Android4.4.4にしたらXperia Tablet Zでもエラーが出るようになったからEメールを有効化しておきました。あと、無効化しかできなかったFacebookがアンインストールできるので消し去ったぐらいかな。今後は不具合が起きたら対処していく感じになるんじゃないかと。

2014-12-13 08.07.07

【追記】 なお、後日さらに更新して10.5.1.A.0.292にアップデートしてみました。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

カテゴリー