LostTechnology Blog

気になる製品やニュースと株式投資などをなんとなく書き綴ります。でも戯言や写真が多くなりそう。旅行先を検討中の方は写真が参考になれば幸いです。なお、当然ながら文章および写真の無断転載はお断りしています。使いたい場合には事前にContactからご相談ください。掲載している写真はサーバーのファイル容量節約のために長辺1920pixel以下に抑えています。

QRコードを複数配置する際には注意が必要

[記事公開日]time 2014/12/30

RQTwitter久々に新しい名刺を作ってみようかと思い、メールアドレス、Google+、Twitter、BLOGの4つをQRコードで用意してみるのはどうだろうと検討してみました。

そしてQRコードの中央に各サービスのアイコンを埋め込んでもエラー補正が働いて問題なく読み取れることを画面で確認。ここまでは問題ありません。単体での読み取りには影響しなかったから。

問題は、試しにデザインして印刷してみたところ、読み取りたいQRコードの近くに別のQRコードがあると、読み取れないか読み取りたいほうじゃないQRコードに反応しちゃうってことなんですよね。これはやっかいだ。並ぶのが2つまでなら、片方を指で隠したりしてもう片方を読み取らせるということも可能でしょう。しかし、名刺だとそのような手間を発生させてはいけませんよね。つまり、QRコードは十分に距離をあけないと複数配置すべきではないということに。

読み取りアプリの反応するエリアを調べて、そこから逆算してQRコードの間隔を空ければいいんだろうけど、QRコードを読み取るアプリによって読み取り範囲が意外と違うなと……。難しい問題だ。QRコードを掲載する数を減らせばデザインの自由度が高まるけど、4つとも使おうと考えると、大きな制約がつきますね。四隅に配置してそれをデザインに組み込むのが一番安全っぽいかなぁ。対応していないアプリもあるっぽいけど、ひとつのQRコードに複数の情報を入れちゃう方向も検討すべきか。

(ひとつのQRコードで各情報を掲載したアドレスを表示させればいいんじゃないかという話もあるが……)

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

カテゴリー